komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋の日の蓮田のシギチたち

秋分の日の振替休日、バーダー仲間5人で稲敷に淡水系のシギチを見に行く。午前中は昨年と同様、日本野鳥の会茨城支部の探鳥会に参加。探鳥会が始まる少しの間、近くを車で廻ると、たくさんのサギの群が蓮田の畦に集まっていた。チュウサギだろうと一羽一羽確認していくと、あれれ、全部アマサギだ。ざっと数えて150羽以上、中には少しまだ亜麻色の残る個体も混じっていた。
茨城支部の探鳥会では4カ所のポイントを車で廻る。スタート時の霧雨は本格的な雨脚に断続的に変わり、止みそうだなと期待すると、また降り出すという天気。蓮田は収穫が始まったばかりで、収穫の終わったシギチのいそうなポイントは限られる。スタートに観た美しいムナグロの幼羽が目に焼き付いた。
午後、天気が回復すると急に暑くなる。3時過ぎ、一枚の蓮田にいたのは、トウネン、オジロトウネン、オグロシギ、タカブシギ、ウズラシギ、ハマシギ、エリマキシギ、セイタカシギ、アカアシシギ。夕刻近くになると、バーダーも我々5人だけになり、ゆっくり畦に胡座をかいて、セイタカシギが頭の上を飛ぶのを観ながらこの日の探鳥を終えた。
写真は上からタカブシギ、アカアシシギ、エリマキシギ、オグロシギ、セイタカシギ。
c0042548_14294546.jpg
c0042548_14300660.jpg
c0042548_14302747.jpg
c0042548_14304531.jpg
c0042548_14310063.jpg






by komachi-memo2 | 2018-09-28 14:34 | 探鳥 | Comments(0)

ミズキの下で待つ

秋分の日、エゾビタキとコサメビタキを見に近くの公園に行った。朝、ミズキの下で待っていると、ようやく10時頃に5,6羽の群がやってきて、ミズキの実を食べる。それ以降は断続的にやって来た。この日はエゾビタキのほうが多く出た。
c0042548_17371914.jpg
c0042548_17373093.jpg
c0042548_17373819.jpg




by komachi-memo2 | 2018-09-25 17:39 | 探鳥 | Comments(0)

ツツドリを見に行く

夏の暑さも終わりかけ、秋の探鳥シーズンの到来。サシバの幼鳥が自宅の上空を飛ぶのを見たのは1週間ほど前。一昨日は地元二子山の探鳥会でミズキに止まるコサメビタキ、エゴノキの実を採るヤマガラ、それに20羽ほどのサンショウクイの群を山頂で見た。昨日はツツドリを見に宮ヶ瀬に行く。強い日差しのなか、朝からねばって午後1時過ぎ、ようやく枝かぶりでない♀赤色型のツツドリを撮るチャンスが一度だけ訪れた。車窓から田んぼの畦に咲く曼珠沙華を眺めながら帰る。季節はいつもこちらの気持ちを追い越していく。

c0042548_11251990.jpg
c0042548_11252676.jpg
c0042548_11253257.jpg




by komachi-memo2 | 2018-09-18 11:29 | 探鳥 | Comments(0)

ひさしぶりの三番瀬

暑さが大の苦手で8月はほとんどどこにも探鳥に行かずにいたら、すでに秋のシギチのシーズンも終盤。昨日は元と二人で三番瀬にひさしぶりに出かけた。干潟に出てみると、ウミネコがカニ歩きをしているほどの強風。干潮9時53分、到着したのは8時半。強風のためか、シーズン終盤のためか、確認したシギチの種数は少なかった。南に渡るアジサシやコアジサシが群をなして風上の沖に向かって陣取る辺りにはダイゼン、ミユビシギ、トウネン、ハマシギ、メダイチドリなどの常連が集まっていた。羽のきれいなオバシギ幼鳥、すばしこく干潟を走るソリハシシギが撮れたことで満足し、2時間ほどで退散した。
c0042548_17333842.jpg
c0042548_17331231.jpg
c0042548_17332586.jpg
c0042548_17335535.jpg
c0042548_17340456.jpg






by komachi-memo2 | 2018-09-09 17:37 | 探鳥 | Comments(0)