komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小さな川のシマアジ

 クビワキンクロを見た日の午後、電車とバスを乗り継いで住宅地を流れる川にシマアジを見に行った。都会の川はどこもコンクリートの三面張りと思いきや、この川は川に沿ってシロツメグサやタンポポ、ホトケノザ、オオイヌノフグリの絨毯の上を歩くことができる。大雨で水かさが上がれば遊水ゾーンになる川の畔を自然の散歩道として開放している。いかにも散歩道をつくりましたという感じがないのがいい。川も住宅地を流れる川とは思えないほどきれいだ。マガモ、カルガモ、オオバン、バン、オナガガモ、コガモが泳いでいる。しばらくシマアジを探して歩いていると、前を歩いていた女性が、シマアジなら反対の方角ですよと親切に声をかけてくれた。春の小川はさらさら行くよ。子どもの頃、歌った歌を自然と口ずさむほど、なにもかもが気持ちのいい午後であった。
c0042548_18124444.jpg
c0042548_18130791.jpg



by komachi-memo2 | 2018-03-13 12:00 | 探鳥 | Comments(0)

食欲旺盛なクビワキンクロ

 帰省している息子と久しぶりに二人でクビワキンクロ♀を見に行った。クビワキンクロは日本では希な冬鳥。昨年、今年と連続して関東地方に訪れているが、いずれもプロミナーでようやく見れるほどの距離だった。今度の池は鳥までの距離が近い。彼女の頻繁な潜水も泡がプクプクと上がるので見失うことがない。浮上した彼女がくわえていたのはドングリ。次に彼女がくわえていたのはイモリだろうか(お腹が白いのが気になるが)。何とも食欲旺盛だ。体重の半分近くを渡りのエネルギーとして燃焼してしまう彼女らにとって、今は渡りの準備のための食べ時なのだろう。遠く旅立つ日も近い。仲間のいる北アメリカの繁殖地まで無事に1羽で帰ることができるだろうか。
c0042548_14101401.jpg
c0042548_14094004.jpg
c0042548_14103286.jpg





by komachi-memo2 | 2018-03-12 14:17 | 探鳥 | Comments(0)

松林の小鳥

 2月に少し遠出した沼の畔の松林で見たビンズイ。いつもビンズイを見つけるのは松林。マイフィールドの松林は荒れて、もうビンズイを見つけることはできない。時々遇いたくなる鳥だ。この時はひさしぶりに見られてうれしかった。
c0042548_11351145.jpg


by komachi-memo2 | 2018-03-04 09:00 | 探鳥 | Comments(0)

カンムリカイツブリの集結

春の嵐が吹いて、季節は3月。時々見に行っていた地元・葉山の海のカンムリカイツブリも先月からいよいよ数を増して集結しだした。なかにアカエリカイツブリも混じっている。
昨日、数えたカンムリカイツブリの数は75羽。夏羽に換羽途中。北に帰るまでの間もない間に、カップルを見つけるのだろう。
c0042548_11014737.jpg
c0042548_11021801.jpg



by komachi-memo2 | 2018-03-02 11:05 | Comments(0)