komachi memo2

komachi203.exblog.jp

秋の日の蓮田のシギチたち

秋分の日の振替休日、バーダー仲間5人で稲敷に淡水系のシギチを見に行く。午前中は昨年と同様、日本野鳥の会茨城支部の探鳥会に参加。探鳥会が始まる少しの間、近くを車で廻ると、たくさんのサギの群が蓮田の畦に集まっていた。チュウサギだろうと一羽一羽確認していくと、あれれ、全部アマサギだ。ざっと数えて150羽以上、中には少しまだ亜麻色の残る個体も混じっていた。
茨城支部の探鳥会では4カ所のポイントを車で廻る。スタート時の霧雨は本格的な雨脚に断続的に変わり、止みそうだなと期待すると、また降り出すという天気。蓮田は収穫が始まったばかりで、収穫の終わったシギチのいそうなポイントは限られる。スタートに観た美しいムナグロの幼羽が目に焼き付いた。
午後、天気が回復すると急に暑くなる。3時過ぎ、一枚の蓮田にいたのは、トウネン、オジロトウネン、オグロシギ、タカブシギ、ウズラシギ、ハマシギ、エリマキシギ、セイタカシギ、アカアシシギ。夕刻近くになると、バーダーも我々5人だけになり、ゆっくり畦に胡座をかいて、セイタカシギが頭の上を飛ぶのを観ながらこの日の探鳥を終えた。
写真は上からタカブシギ、アカアシシギ、エリマキシギ、オグロシギ、セイタカシギ。
c0042548_14294546.jpg
c0042548_14300660.jpg
c0042548_14302747.jpg
c0042548_14304531.jpg
c0042548_14310063.jpg






by komachi-memo2 | 2018-09-28 14:34 | 探鳥 | Comments(0)