komachi memo2

komachi203.exblog.jp

松之山探鳥会とチゴモズ

c0042548_15041082.jpg
5月下旬、バーダー仲間5人で、毎年この時期に行われる松之山野鳥愛護会の早朝探鳥会に参加した。私は初参加。集合場所に到着したのは3時半頃、すでに夜は明けはじめ、アカショウビンの鳴き声が何カ所からも聞こえてくる。参加者が多いのに驚かされる。全国から100人近くが集まっていた。今年で62回も続いている探鳥会であることをこの時知った。参加者は3コースに分かれ、我々はバードピア須山コースを選択。残念ながらアカショウビンは声のみの確認となったが、コース後半でブッポウソウが出てくれた。確認された種数は3コース合計で47種だった。
探鳥会後、バーダー仲間で他のコースエリアである松口と美人林も回るが、アカショウビン、サンコウチョウは観ることができなかった。気持ちを切替え、最大の探鳥目的であるチゴモズを探して車を移動する。
この日、チゴモズ雄2,雌1を確認。雄はテリトリーを競い合い、1羽が飛んで木の枝に止まると、もう一羽がそれを追い払おうと追いかけるシーンを我々の前で何度も見せてくれた。一度、雄がトカゲらしき大きな獲物を咥えて雌に接近、求愛給餌が観られるかと期待したが、畦に隠れて観ることができなかった。この日、昼近くなって気温がぐんと上がり、撮影を諦めるほど陽炎が立ち、他のCMさんたちもいなくなったが、15時半頃になって、ようやく数カット撮影することができた。

by komachi-memo2 | 2018-06-21 19:00 | 探鳥 | Comments(0)