komachi memo2

komachi203.exblog.jp

チュウヒ、コミミズク、オオハシシギ@稲敷

 茨城県稲敷周辺は毎年何回は必ず訪れている探鳥地だが、その範囲は広く、探索できていない箇所がまだある。今年になって2度、稲敷に行く機会があった。6日、日本野鳥の会神奈川支部のツアー初日は妙技の鼻で日の入りを迎えた。この日、私たちの見守るヨシ原に塒入りしたチュウヒのかなりの割合が大陸型のチュウヒであった。昨年、11月半ばに同じ場所で観察したときには大陸型チュウヒを観ていないから大陸型チュウヒが稲敷に越冬にやってくるのは年末になってからということを初めて知った。
 先週末、バーダー仲間5人でシギチとコミミズクを観に稲敷に行った。この日の成果は、タシギを間近で何羽も観察できたこと、オオハシシギの群に出会えたこと、ハジロコチドリ1羽を見つけることができたこと、そして初めての観察ポイントでコミミズク4羽が夕日の中で狩りをする姿をじっくり観ることができたことであった。
c0042548_19321383.jpg
c0042548_19331298.jpg
c0042548_19335169.jpg




by komachi-memo2 | 2018-01-15 19:40 | 探鳥 | Comments(0)