komachi memo2

komachi203.exblog.jp

2月最初の二人探鳥会

c0042548_1724391.jpg


2月最初の元さんとの二人探鳥会。野鳥の会と同様に、長柄交差点から出発。風がなく、穏やかな日よりだった。大山林道の様子を見に行くが、通行止めのまま。いつになったら復旧するのだろうか。元さんは鳥の羽をまったく採集できず。
●時間 8時40分〜14時
●天気 晴れ
●長柄交差点〜大山林道入り口〜南郷上山公園〜御霊神社
●確認した鳥 トビ、ノスリ、コガモ、キジバト、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、イカル、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト
計26種
●写真 川久保交差点付近のキャベツ畑にいたジョウビタキ。
# by komachi-memo2 | 2005-02-06 17:26 | 探鳥 | Comments(2)

活字中毒

c0042548_20313349.jpg

久しぶりに神保町で打ち合わせがあったので、古書店街に寄った。荷物が多いので買わないことに決めていたのに、結局、明倫館書店で2冊を物色。『動くしくみ……無脊椎動物からの歩み』(M・ウェルズ、平凡社)と『進化とは何か』(井尻正二、築地書館)。『動くしくみ』は世界大学選書の一冊、井尻さんの本は「みんなの保育大学」シリーズの一冊で、同じシリーズから三木成夫の『内蔵のはたらきと子どものこころ』が出ている。鎌倉からの往復で読もうとゲラを持って歩いているのに、仕事の活字を読まずに、余所様の本は嬉々として読んでしまう。困ったものである。昨秋辺りから読む本が生物系にシフトしている。
# by komachi-memo2 | 2005-02-04 20:34 | Comments(0)

オールドパッチ・チェア

c0042548_183157.jpg


持ち物の中で最も酷使している道具といえば仕事場の椅子だろう。
奥村昭雄製作のオールドパツチ・チェア。ナラ材で、座板に牛革を張ってある。
長いときには1日10時間以上坐っていることもある。腰の疲れない椅子である。
1日平均6時間として、ひと月で150時間、1年で1800時間。
12年ほど前に手に入れてから2万時間以上使っていることになる。
あと何万時間この椅子に座ることになるのだろうか。
できることなら生涯この椅子で仕事をしたいものだ。
「椅子は生活・労働・休息の場で、いつも最も人間に近くにいる」
奥村昭雄の言葉だ。
# by komachi-memo2 | 2005-02-01 01:08 | 道具 | Comments(6)

胸突き八丁

昆虫学者・大谷剛さんの『大きくなれない擬態者たち』の編集作業が佳境に入っている。昨日は三田にある兵庫県立人と自然の博物館で今年二回目の打ち合わせ。朝八時に家を出ても帰りは深夜12時を回ってしまう。日曜日がつぶれた大谷さんは「ずいぶん熱心な編集者ね」と家の人に嫌みを言われたらしい。テキストはほぼ完成したが、必要な図版が山のようにある。エクセルで図版を整理し、イラストを描いてもらっているIさんを交えて一つ一つ潰している。
頂上が見えて来てからの道のりが長いのは、登山と似ている。ペースメーカーが必要なことも登山と似ている。
# by komachi-memo2 | 2005-01-31 10:30 | 百の知恵双書 | Comments(0)

細口のステンレス製ポット

c0042548_117714.jpg


いつだったか合羽橋で手に入れたコーヒー用のステンレス製ポットを毎日重宝している。
朝起きると、パンでもご飯でもまずコーヒー豆を挽くのが日課。
このポットだとピンポイントでお湯を注げるので、コーヒー粉を踊らさせることがない。
ネルのなかでコーヒー粉がまわるくふくらんでくれると朝から気分がいい。
ポットを傾けても蓋が落ちないように工夫されているところもいい。
# by komachi-memo2 | 2005-01-31 01:15 | 道具 | Comments(0)

えさ台

c0042548_115893.jpg


毎朝、7時頃になるとキジバト、スズメ、ヒヨドリが庭に集まってくる。
穀象虫に食われた米をいつの頃からかえさ台に載せるようになったから。
しばらく啄んでいたスズメがミカンの木に移ると、他のスズメがえさ台の上に載る。
それをくりかえしている。なかよく啄んでいるように見えるが、
厳しい上下関係があるようにも見える。
# by komachi-memo2 | 2005-01-31 01:13 | 探鳥 | Comments(0)

春よ来い

c0042548_1125039.jpg


我が家の前の坂道を降りたところの崖下を下山川が流れている。
川はこの付近で大きく蛇行し、この流域だけは民家がない。
崖下にはわずかだか田んぼも何枚かある。
一年で最も遠くまで見通せる季節。
遠くでコジュケイが鳴いている。
チョットコイ、チョットコイ。
# by komachi-memo2 | 2005-01-30 00:10 | 気持ちのいい場所 | Comments(0)

元さんの宝物

c0042548_2335917.jpg


長男の元さんの宝物は野鳥の羽のコレクションである。去年の3月から採集をはじめて23種になった。『羽ー原寸大写真図鑑』(高田勝・叶内拓哉)が彼のコレクション熱に火を付けた。この本を欲しがったが、18000円もする。葉山の図書館にリクエストしたら購入してくれた。返却日が来たら返しに行って、また借りてということを繰り返して毎日見ている。この本のすごいところは鳥ごとにほぼ全種類の羽が原寸で掲載されているところだ。おかげでジグゾーパズルを解くように、拾った羽がどの鳥のどの羽か調べることができる。下の写真は上の畑で採集したコジュケイの羽。
# by komachi-memo2 | 2005-01-25 23:06 | 探鳥 | Comments(0)