komachi memo2

komachi203.exblog.jp

戦場ヶ原のノビタキ

先週末、一月ぶりに奥日光に行く。この時期、雨が降らなければピーカンとなり、各地の週間天気予報とにらめっこなのである。最寄り駅の始発電車に乗り、東武日光駅に降りると、「あと3人乗れますよー」と、タイミング良く乗り合いタクシーが声をかけてくれた。いろは坂は霧がかかり、空は曇っている。相乗りの登山客は雲行きを心配しているが、こちらは天気はまずまずと一人ほくそ笑んでいた。今回は戦場ヶ原でのノビタキが主目的のため赤沼から戦場ヶ原を泉門池まで歩き、湯滝には行かずに、小田代ガ原を1周して、帰りのバスの時間までのんびり戦場ヶ原で探鳥をしようと考えた。赤沼下車9:30。歩き始めると、すぐにキビタキのお出迎え。数羽がテリトリーを争っているのか、頭上の枝を盛んに飛び交う。戦場ヶ原のノビタキは少なかった。ワタスゲの時期も終わっている。それでも遠くに男体山を眺めながら風に吹かれていると、やはりここは別天地である。木道のベンチで遠くの枯れ枝に鳥が止まるのを待つ。木道を人が通り過ぎ、人の声や熊よけの鈴の音が聞こえなくなると、はるか遠くの枝に止まっていた鳥が少しだけ近くに現れてくれる。ノビタキ、ビンズイ、ホオアカ。11:00を過ぎると、青空が広がり、日差しが強くなってきた。そろそろ場所を移動しよう。
c0042548_1035978.jpg
c0042548_10354467.jpg
c0042548_1049016.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-07-04 10:52 | 探鳥 | Comments(0)

利根川のセッカ

ヨシ原で一番見かけたのはこの子たち。セッカ。チガヤやススキがお好きなようだ。ヨシ原を進むと、その前方をヒッヒッヒッと鳴きながら堤を越えてヨシ原と田んぼとの間を波状に飛び交う。昆虫界の道教えがハンミョウなら鳥類界の道教えはセッカかな、尾羽裏の横帯がよく目立つ。
c0042548_12503392.jpg
c0042548_1251094.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-23 13:00 | 探鳥 | Comments(0)

利根川のオオセッカ

ヨシ原に沿ってしばらく進むと、1羽の鳥が行く手の茂みから上空に飛び上がり、ヒュリヒュリヒュリと囀り、また近くの茂みに降りた。
おお! オオセッカ! 絶滅が心配されている希少種。これを見るためにはるばるやってきたのだ。観察する側が動かなければ、セッカやコジュリンのように遠くに飛んでいってしまうことはなかった。上空に飛び上がってはさえずり、弧を描いて少し離れた茂みの中に降りることを繰り返す。何個体かのオオセッカのなかで枯れ枝の中程にとまってくれる1個体を見つけた。1本の枯れ枝にご執心で、そこばかりに止まる。すこし窪地になっていて見やすいが、その反面、写真は背景のうるさい似たアングルばかりを量産。じりじりと気温は上がり、大気はゆらぎ、撮影が難しい。ペットボトルも空になり、熱中症になる前に退散した。
c0042548_971347.jpg
c0042548_973825.jpg
c0042548_10211631.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-21 09:27 | 探鳥 | Comments(0)

利根川のコジュリン

もう一本、駅前で水を買うべきだったかなあ。延々と続くヨシ原を歩き出して少し不安になる。先週末、利根川沿いのヨシ原にコジュリン、オオセッカを見に電車を乗り継いで行った。梅雨の合間の真夏日、笹川駅から歩き出して1時間も経たないのに、体中から汗がしたたり落ちてくる。頭の上をヒバリやセッカが鳴きながら飛びかい、ヨシ原からは絶え間なくコヨシキリやオオヨシキリの声が聞こえてくる。渡る風が心地よい。ヨシ原には青いヨシが密に繁茂しているところ、昨年の枯れたヨシと青いヨシが混ざり合っているところ、ススキやオギがたくさん生えているところがあって、ヨシ原に棲む鳥たちは棲み分けているようであった。少し開けた場所の枯れた一本のヨシにコジュリンがとまった。この日、持っていった道具はD4、300mmf2.8、TC-17EⅡと三脚。この道具立てだと少し倍率が足りない。
c0042548_1011497.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-20 10:12 | 探鳥 | Comments(0)

戸隠のクロジ、アカハラ

木道で佇んでいると、キョロロツィ、ジュリリリ。アカハラが近くの木に止まって囀る。フィーチィチィ フィーチィチィチチ。フィーにアクセントのある特徴ある囀りが今度は上のほうから聞こえる。どこだ、どこだ。いた、いた! 日陰の樹幹の中程の小枝にとまってクロジが囀る。アカハラもクロジもマイフィールドでなじみ深い冬鳥だが、初夏の森で囀る彼らはどこか溌剌としていて別の鳥のようだ。
c0042548_17334744.jpg
c0042548_1734552.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-16 17:40 | 探鳥 | Comments(0)

戸隠のミソサザイ

樹幹にとぐろを巻いた枯れ蔓の上で、先ほどからミソサザイが盛んに囀っている。森には陽が強く射し込み、ミソサザイの体を影が斑模様にしてしまう。少し動いてくれないかとじっとファインダーを覗いていると、後ろで女性グループの大きな声がする。「きれいな声ねえ。どこかしら」 場所を教えてあげると、「あらやだ、あんなところにいるわ」「どこ?、どこ!」ミソサザイは動じず、右に左に上に下に頭を動かして囀り続ける。一行が木道をゾロゾロと動き出すと、ミソサザイは木道の下に隠れてしまった。それでも私は息を潜めて待っている。そら、出た! 今度は近い。撮った写真のミソサザイの瞳には、私の青シャツが映り込んでいた。
c0042548_819165.jpg
c0042548_8193151.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-15 08:22 | 探鳥 | Comments(0)

戸隠のアカゲラ

森林植物園の木道を歩いていると、キツツキが開けた穴が目立つ朽木をいたるところで目にする。こうした穴はキツツキ以外の鳥たちにも利用されていて、営巣の順番を考えるだけでも興味が尽きないのであるが、そんな一本の朽木から少し距離をおいて、しばらく待っていると、1羽のアカゲラが嘴を獲物で一杯にして、近くの木に止まった。辺りのようすをうかがい、朽木に飛び移る。穴の中ではヒナが親鳥の帰りを今か今かと待っているのだろう。アカゲラのヒナが巣立った後、この穴は誰がリニューアルするのだろう。ゴジュウカラ、それともニュウナイスズメ?
c0042548_913447.jpg
c0042548_920949.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-14 09:28 | 探鳥 | Comments(0)

戸隠のノジコ

梅雨の間の晴れ日という予報を信じて、先週末、深夜バスを利用して、戸隠に行った。ベストシーズンは終わっているので、バーダーの数は少ない。今年は暖冬のため木々の葉の繁茂が速く、鳥が見にくいという情報が流れていたが、さすが鳥の楽園、半日十分に楽しむことができた。ゴーヨンを担いで行ったが、寝不足がたたって、午後はスローペース。少し歩いては三脚を立て、観察、撮影の繰り返し。鳥の密度が濃いので、しばらく佇んでいると何かしら現れる。戸隠ではこのスタイルがいいように思った。5月に富士山方面で思うように撮影できなかったノジコを撮ることができたのが今回の収穫。
c0042548_13232525.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-13 13:31 | 探鳥 | Comments(0)

刈込湖のキバシリ

「キバシリ!」同行のSさんが小さく叫んだ。湯元から刈込湖へ向かう緩やかな登りの登山道。見通しの良い北側斜面10メートルほど先のイタヤカエデの幹をキバシリはファインダーで捕らえるまでにすでに半周していた。レリーズは3回だけ。見られただけでもラッキーだった。登山道の途中で一休みしていると、バーダーとわかる人が他にも何組か通りすぎた。ここが中西悟堂の「野鳥記」に記されている場所であることをその時、バーダー仲間に教えられた。悟堂はこの道で雷に遭っている。オオルリ、コルリ、メボソムシクイ、カケス、エゾムシクイ、アオゲラ、キビタキ、ヒガラ、コガラ、コマドリ、アカハラ、ジュウイチ、ミソサザイ、イカル、キクイタダキ、ビンズイ……、確かに鳥が濃い。鳥合わせした種数は30種。おまけに復路ではクマザサの新芽を食べる10頭ほどのニホンザルの群に大接近できた。
c0042548_170068.jpg
c0042548_1702029.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-02 17:11 | 探鳥 | Comments(0)

湯川のミソサザイ

湯滝からの復路、8時を過ぎて森の中に日が差し少し気温が上がると、エゾハルゼミの大合唱が始まった。こうなると、遠くの鳥の囀りは耳に届きにくくなる。あ!、コマドリが鳴いた!しばらく対岸の辺りをくまなく探すが、姿を見つけることができない。囀りも一度だけ。あ!、ミソサザイ! 今度はコマドリが鳴いた方向と反対の山の斜面から聞こえる。遠くのミソサザイの囀りは高音域が聞こえにくくなっている私の耳にはもう届かない。近いぞ、近い。いた! D7100の連射の遅さにイライラしながら何度もシャッターを切る。あの小さな体で空に向かってあらん限りの力で美しく囀るミソッチ。癒やされる瞬間。
c0042548_1044981.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-06-01 10:07 | 探鳥 | Comments(0)