komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クロツラヘラサギとヘラサギ@葛西臨海公園

 そろそろ春のシギの到来。嘴の大きなシギを見たいなと昨日は千葉方面に行った。目当てのシギには会えず、遊んでくれたのは嘴の平らなサギだった。午前中は三番瀬に行くが、目当てのダイシャクシギには会えず、現地で会ったNさん親子、S さんグループとヨーロッパトウネンを観察するうちにチョウゲンボウが飛んで、鳥たちは一時解散。バーダーも休憩を余儀なくされ、Nさん親子と新浦安に寄って、葛西臨海公園駅前で下ろしてもらったのは正午頃だった。 汚れた長靴にレインコート、手にサンニッパとプロミナーという出で立ちで、行楽客が賑わうレストハウスへの広い通りをまっすぐ西なぎさに向かう。西なぎさのシャワー場で三脚の足を洗っているカメラマンに声をかけると、「2時間ほど前からずっといるよ。今日は大サービスディだ」とのこと。双眼鏡で見ると西のはずれに数名のカメラマンの群が見え、その沖にクロツラヘラサギとヘラサギがいた。
 クロツラヘラサギはだいぶ前に出版された本に、越冬地での確認総計が450羽と書かれていた希少種。現在はもっと数が減っているはずだ。アジア地域だけに生息し、朝鮮半島西部での繁殖が確認されているが、日本で越冬するのは九州に十数羽とわずか。この希少種にどういうわけか東京の近くで会えるのは本当にうれしい。
 杓子のような形態の嘴をもつこの2種の採餌の方法はとても独特で、渚の水面に嘴の杓子部分を突っ込み、左右に動かしながら渚を前進していく。最初はそれがわからず、彼らの移動と平行してぬかる渚を移動して撮影していたが、勝手を知っているベテランカメラマンは光線条件のいい位置から動かず、彼らが近づいてくるのを辛抱強く待ち構えていた。それにしても面白い嘴をしている。嘴はとても薄く、嘴を開けたときの写真を見ると、下側の嘴には溝があり、嘴の縁にはハシビロガモのようなギザギザが付いている。
c0042548_1581038.jpg
c0042548_14583615.jpg
c0042548_14581327.jpg
c0042548_14574958.jpg
c0042548_14572740.jpg

by komachi-memo2 | 2016-03-27 15:13 | 探鳥 | Comments(3)

カモメに会いに銚子港へ

c0042548_16155861.jpg

帰省している間にカモメを見に行きたいと長男がいうので、昨日は青春18切符を使って普通電車で久しぶりに銚子港まで二人で行った。行き4時間、徒歩4時間、帰り5時間、さすがに疲れた。やはり銚子はカモメのメッカだ。午後に漁船が帰港してくると、ヒッチコックの名作「鳥」さながらに、カモメが沸いたように漁船に群がっていく。漁船に向かって頭上をびっしりと流れるように飛んでいくカモメを体感するだけでも来たかいがあるというものだ。そう、観ると言うより体感するという感じ。しかしカモメは難しい。幼鳥の識別がわかってこそのカモメの面白さだと長男は言う。確かにおっしゃる通りなのだが、それがなかなか難しい。あれがカナダカモメとアイスランドカモメの中間個体、あれはシロカモメではなくオオセグロカモメの白化個体などと教えられても、私はまず普通種の若の識別ができるようになりたいと思うのだ。
上からワシカモメ1w、漁船に群がるカモメ、シロカモメ1w、ワシカモメ1w、ミツユビカモメ
c0042548_16163090.jpg
c0042548_16165496.jpg
c0042548_1618253.jpg
c0042548_16171654.jpg

by komachi-memo2 | 2016-03-13 16:35 | 探鳥 | Comments(0)

ツグミーーチュウヒを待ちながら

夕刻、チュウヒがやって来るのを寒さに震えながら待っていると、近くにツグミがやってきた。昼間、ヨシ原の中ではとても警戒心が強く、遠くから人を認めるとすぐに遠のいていたのに、どんどん近づいてくる。日が暮れると急に見えにくくなるのだろうか。オオジュリンのヨシを割る音も近くで聞こえる。
c0042548_971132.jpg

by komachi-memo2 | 2016-03-07 09:08 | 探鳥 | Comments(0)

チュウヒ類の塒入り

春の野焼きが始まる前にチュウヒ類の塒入りをもう一度見ておこうと、昨日は渡良瀬遊水池に行った。まずヨシ原の小鳥を観察しようと、ゴーヨン担いで散々歩き回ったが、たいした成果は得られず、へろへろになって、塒ポイントに着いたのは午後2時少し前。ドッコイショと三脚を置いて、10分も経たないうちにハイイロチュウヒ♀が現れ(上の写真)、ヨシ原の中に消えた。この日、ヨシ原はうすい靄がかかったようにぼんやりとしていて、難しい撮影条件だった。下の写真はチュウヒの塒入りの瞬間。圧巻は観察を終える直前、5時30分に見た6羽同時の塒入りだったが、とても撮影できる条件ではなかった。20羽ほどの塒入りのうち4羽のハイイロチュウヒを確認したが、どれも♀で、昨日は♂のハイイロチュウヒを見なかった。
c0042548_14484576.jpg
c0042548_1449591.jpg

by komachi-memo2 | 2016-03-06 14:54 | 探鳥 | Comments(0)

カイツブリ3種

先週、千葉方面で撮影したカイツブリ3種。アカエリカイツブリ、カイツブリ、カンムリカイツブリ。アカエリカイツブリはいすみ漁港。カイツブリとカンムリカイツブリは長生村。カイツブリは潜水してもほぼ同じ所に浮上するが、カンムリカイツブリとアカエリカイツブリは潜水能力があるためかなり離れたところに浮上する。潜水したら浮上するところを見越して、先回りして三脚をセットする。カンムリカイツブリは浮上したところがあまり近いので、お互いに慌てた。アカエリカイツブリの撮影は三浦沖で漁船から撮影して以来。冬羽だが、首がうっすらと赤みを帯びてきていた。
c0042548_1054539.jpg
c0042548_1061752.jpg
c0042548_107241.jpg

by komachi-memo2 | 2016-03-02 10:20 | 探鳥 | Comments(0)