komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『宮本常一講演選集』第6巻「日本文化の形成 講義1」完成

c0042548_11332519.jpg
 『宮本常一講演選集』第6巻「日本文化の形成 講義1」が完成しました。
宮本常一の最晩年、ガンに冒された体をおして続けられた伝説の講義です。
 古代アジアの稲作は日本列島にどのようにもたらされ広がっていったのか。焼畑と狩猟はどのような関係があるのか。竪穴の暮らしはいつまで続いたのか……。日本観光文化研究所に立錐の余地もなく集まった若者たちの人いきれのなかで、自分の終生のテーマであった「日本文化の形成史」を圧倒的な知的好奇心とこれまでのフィールドワークからの洞察力で語った宮本常一。その講義は今も力強く本質的です。第6巻はその講義の前半を収録しました。総376頁。50頁近い巻末註を付けました。そろそろ書店に並びます。読んでください。よろしく。

宮本常一講演選集6 日本文化の形成 講義1 目次

Ⅰ 一九七九年七月六日 
縄文の後裔
渡来人と稲作 
征服王朝と祭祀王朝 

Ⅱ 一九七九年九月七日 
竪穴のくらしと土蜘蛛 
稲作と鉄 
短粒米と長粒米・稲作の広がり 
倭の風俗 
倭と大和朝廷 

Ⅲ 一九七九年一〇月五日 
大陸と列島弧 
古代アジアの農耕 
騎馬民族の渡来 

Ⅳ 一九七九年一一月二日 
焼畑と狩猟 
農耕と秦氏の役割 

Ⅴ 一九七九年一二月七日
農耕文化と機織技術の伝来 
畑作の諸相 
 
付 海洋文化と福岡 

●発行 農文協 定価2800円+税 ISBN978-4-540-13146-2
by komachi-memo2 | 2014-07-25 11:39 | BOOKS | Comments(0)

長尾景義著『秋田のレスリングに賭けた夢』

c0042548_9175171.jpg最近、表題の本を編集しました。腰巻きには次にように書きました。
「小玉正巳。日本レスリング界の草分けの一人が秋田の地にいた。その小玉正巳が語ったトピックスは昭和初期、早稲田大学に集まった誕生したばかりの格闘技エリート集団の青春そのものであった。小玉正巳の波瀾万丈の活躍を経糸に日本の戦前から戦後の時代の変転を緯糸にして秋田の風土に芽吹いたレスリングが多数のオリンピック選手を生みだし世界のレスリングに成長するまでを描く。」
 小玉正巳と聞いて、「この人誰?」という人がほとんどでしょう。でも小玉祐一郎先生のご尊父と聞けば、komachi memo2を見る人のなかには「へえーそうなんだ」と思う人がかなりいると思います。そう、小玉先生のご尊父は、日本のレスリングの立役者の一人なんです。わたしもこの本の編集をするまでまったく知りませんでした。ずいぶん昔に、清家清先生が「小玉君は泥棒を取り押さえたことがあるんだ。レスリングをやっていたからね」と、愛弟子のことをうれしそうに語られていたのを思い出し、ああ、なるほどなあと思いました。原稿を前に、小玉先生から御尊父の命日に間に合えばと相談を受けたのは今年の初め。こうした私家版にちかい本の編集の難しさは、著者の思い入れが必ずしも本の読みやすさや面白さにつながるとは言えないことです。お手上げ状態になっていた原稿の編集に大鉈をふるって、ようやく小玉正巳伝が完成しました。オリンピック出場選手の体験談など、およそスポーツに関心のない私には初めて知る世界で、面白く仕事ができました。

●長尾景義著 『秋田のレスリングに賭けた夢──小玉正巳と秋田のレスラーたち』
秋田共同印刷発行 定価:1500円+税 ISBN9784907159153
by komachi-memo2 | 2014-07-23 09:20 | Comments(0)

7月中旬の林道の生き物

昨日の続き。
c0042548_22225381.jpg
湘南ではゴマダラチョウよりも圧倒的に見る機会が多くなってしまったアカボシゴマラダですが、2頭が一枚の葉の上にいるのを見たのは初めてです。交尾をしているわけではありません。が、下側の1頭の頭部は上側の後翅に接触しています。そしてときどき下側の1頭は腹部をJの字に曲げる姿勢をとっていました。上の1頭が♀で、交尾拒否をしていたのでしょうか。もうすこし観察を続ければ展開があったかもしれません。
c0042548_22235691.jpg
7月の林道ではカタツムリを多く見かけます。カタツムリだけを注意して観察すればいくつもの種類が見つかるだろうと毎年思うのですが、いまだに実行できていません。写真は殻に剛毛をはやしたオオケマイマイ。
c0042548_22243254.jpg
カラスザンショウの葉にいたナミアゲハの幼虫です。3令位でしょうか。ドロっとした感じがいかにも鳥糞らしく見えます。3〜4令の鳥糞状態のアゲハ類の識別は比較的わかりやすく、ポイントは腹部の先端近く。白斑が左右に分かれているのがナミアゲハの特徴。また全体に褐色がかっており、背中の白斑の形状などからナミアゲハの幼虫と判別しました。
c0042548_2225389.jpg
カメムシダケ。カメムシの種類はわかりません。冬は土の中で寝るのが一番、やれやれと、寝ているときに菌にやられるのだからたまりません。虫に生まれなくてほんとうに良かったと思います。
by komachi-memo2 | 2014-07-22 22:32 | 探虫 | Comments(0)

どちらがきれい? どちらが好き?

c0042548_7191418.jpg
林道に入る途中の車道脇の崖陰に、3つほど見事に咲いたヤマユリの枝がうち捨てられていた。誰か心ない者が林道でヤマユリを見つけ折って持ち帰ろうとしたが、林道を出たところで人目をはばかって捨ててしまったのだろう。
 ヤマユリが支柱に支えられて民家の庭先に咲いているのを私は美しいと思わない。それよりも山の鬱蒼とした藪のなかにヤマノイモなどの蔓草に支えられ、あのあでやかな花を咲かしているほうが何倍もきれいだ。
 林道にはヤマユリと対照的なウバユリも今が盛りだ。こちらは茎は太く、どういうわけか蔓草がからまっているのを見たことがない。すくっと立った茎に直角にうす黄緑かかった清楚な花を咲かす。雄しべの長さがすこしずつ違うのは花が水平に咲くために、虫による受粉の効率を上げるためではないかと思う。花に顔を近づけて香りをかいでもむせるような強い香りではなく、控えめな香りである。
 派手で誰かがついてないと倒れてしまう花とさっぱりしていて自立心が強い花。どちらも美人なのだが、多くの人は前者にばかり目がいくようだ。
c0042548_7202713.jpg

by komachi-memo2 | 2014-07-22 07:30 | かたちの不思議 | Comments(0)

林道の変装の名人

昨日は7月の二子山定例会。仲間と林道を歩く。この時期は鳥が少ないが、それでもオオルリ、サンコウチョウに会うことができた。鳥が少ないこの時期、林道では様々な生き物たちに会える。きれいなもの、びっくりするもの、いつ来ても飽きることがない。スイカを食べながら鳥合わせをして解散。楽しい1日でした。
c0042548_1732533.jpg
クズの葉にいたのはアシナガバチに似たヨツスジトラカミキリ。ハチを食べて痛い思いをした天敵にはこの擬態は効果があるのだろう。
c0042548_17315035.jpg
アケビコノハの幼虫。同じ擬態でもこちらはドハデな形態で相手に「これはヤバイ」と思わせる。たしかにパクリとやるには勇気がいりそう。それでもアケビコノハヒメコバチというこの幼虫に寄生するハチがいるというから昆虫の世界は一筋縄ではいかない。
c0042548_17325232.jpg
c0042548_17342710.jpg
杉の木には地衣類をまとった迷彩の名人が住んでいる。上はコマダラウスバカゲロウの幼虫。触っても全く動じない。以前、家で飼ったことがある。えさはダンゴムシ。ダンゴムシが近くを通ると、すばやく動いて、一刺し。下はシラホシコヤガの幼虫。こちらは触ると尺取虫のように動く。
by komachi-memo2 | 2014-07-21 17:41 | 探虫 | Comments(3)

『エコリノ読本』の中身

昨日、お知らせした『エコリノ読本』の中身を少し紹介します。
c0042548_9283820.jpg
事例に登場してもらった知る人ぞ知る「林・富田邸」。
取材はいつものコンビ、ライター/長町美和子さん、写真/北田英治さん。
c0042548_9294260.jpg
チームネットの甲斐徹郎さん執筆の「暑さ・寒さを見直して快適な住まいに」
c0042548_9292140.jpg
高橋達(東海大)先生担当の「エコリノで考えたい設備」
c0042548_1693839.jpg
マスタープランの古谷和也さん担当の「住まいの遣い勝手を改良する」
c0042548_931999.jpg
シティ環境設計の高橋昌巳さん担当の「家を丈夫にして長持ちさせる」
c0042548_9305058.jpg
古川泰司さん担当の「DIYで仕上げに挑戦する」
c0042548_9302985.jpg
OMソーラーによる改修実例。改修後の熱収支を分析しています。
c0042548_9324868.jpg
扉裏に入れた吉阪隆正の美しいエコリノのためにあるような言葉。ADの春井裕さんのアイデア。

版型は少し大きめなAB版、170頁、オールカラー。価格2200円+税。
図版豊富、どこからでも読める、新築でも役立つ内容。エコリノで利用したい最新の補助金制度についても冒頭で解説。よろしく。
by komachi-memo2 | 2014-07-18 10:05 | BOOKS | Comments(0)

『エコリノ読本』完成!

c0042548_16162343.jpg
『エコリノ読本』がようやく手を離れた。住まいをリノベーションして、ライフスタイルをエコに変えることでまちも変えていくことをテーマにした、住まい手と造り手がいっしょに読む本である。編集側の事情、版元側の事情などが重なって、ずいぶん遅れて関係者にご迷惑をおかけしていたが、これで、ほっとしている。版元は新建新聞社。ツイッターに三浦社長がOMの会議でエコリノ本のポスター貼りをやっているとあった。社長の三浦さん直々にプロモーションしてくれるから心強い。書店に並ぶのは8月末になってからだ。
by komachi-memo2 | 2014-07-17 16:20 | ヒルトップの日々 | Comments(0)