komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

梨ヶ原探鳥会

c0042548_2241155.jpg
霧が晴れると、枯木の頂にオオジシギが姿を見せた。

昨日(6月8日)は日本野鳥の会神奈川支部の梨ヶ原探鳥会にリーダーの一人として参加した。神奈川県ではほとんどない草原の環境に生息する鳥を見るこのツアーは、人気が高く、抽選に受かった総勢40人を超えるメンバーの大型バスによるツアーとなった。広大な梨ヶ原は今は自衛隊の富士演習場になっているが、休日は届出をすれば山菜採りやバーダーに解放されている。前日の雨は止み、西の空に青空が覗いていたが、東の空は墨を流したような怪しい雲行き。9時半頃、演習場ゲートを通過、午前中に予想された種のほとんどは出現し、残すは、今ツアーの目玉の一つオオジシギだけとなった。昼食を道の駅で済ませて、午後は近くの唐松とミズナラの森によってキビタキを堪能し、演習場敷地内に戻り、広い演習林の西端からゆっくり東端までバスで移動した。しかし周囲の景色は東端に付く頃には、濃霧のカーテンにすっぽり隠れ、バードウォッチングどころではなくなってしまった。今日のツアーもここまでかとゲート近くに戻ると、霧は晴れて、なんと枯枝の上でオオジシギが待っていてくれ、その後にディスプレーフライトも披露してくれた。ツアー参加者にとって忘れられない感激となった。
c0042548_2243837.jpg
ノビタキの♂と♀
by komachi-memo2 | 2014-06-09 22:12 | 探鳥 | Comments(0)

アカスジキンカメムシの変幻

c0042548_22174388.jpg
10日ほど前、仕事場の駐車場脇のアジサイの葉をふと見ると、アカスジキンカメムシが付いていた。すでに成虫になっているものもあったが、終令幼虫もなん個体か。この紫の光沢のある黒に白のツートンカラーの幼虫は鳥糞に擬態していると言われるが、この終令幼虫が鮮やかな成虫に脱皮する瞬間を見たいものだと毎日、朝夕の行き帰りに覗いていたのだが、ついに見ることはかなわなかった。もっと早朝に覗けば見られたのかもしれない。それにしてもこの変幻ぶりはすばらしい。人にはとても美しく見えるこの成虫は、捕食者にはどのように見えているのだろうか。
by komachi-memo2 | 2014-06-05 22:23 | 探虫 | Comments(0)

1年ぶりの富士演習場

来週の探鳥会のロケハンで富士演習場に仲間と行った。オオジシギ、ノビタキ、ホオアカ、アオジ、コヨシキリ、カッコウ、ホトトギス、コムクドリ、おまけにハチクマ、演習場周辺ではキビタキ、ヒガラ、コルリ、クロツグミ、など。出るべき鳥はほぼ出た。来週も同じように出てくればよいのだが、天気が心配。
c0042548_311413.jpg
ホオアカ
c0042548_312187.jpg
ノビタキ♂
c0042548_3125331.jpg
カッコウ
c0042548_316533.jpg
オオジシギ
by komachi-memo2 | 2014-06-04 03:19 | 探鳥 | Comments(0)