komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

『宮本常一講演選集』9月刊行、編集作業佳境

c0042548_945327.jpg
c0042548_9461865.jpg宮本常一の講演集の編集作業を長いこと進めてきたが、先週、パンフレットが完成、装丁も決定した。もうでき上がったみたいでしょ。でも編集作業はまだまだこれからです。
推薦文はお忙しいなかで永六輔さん、池澤夏樹さん、田中優子さんが書いてくれた。正式タイトルは「宮本常一講演選集」。全8巻で、9月より隔月刊で刊行。
第一巻は「民衆の生活文化」である。この巻には生活文化研究講義として、繊維と染織、紙と暮らし、日本の柔社会を生みだしたもの、などが収録される。宮本常一の武蔵野美術大学での生活文化研究会では、外からの聴講生も受け入れていた。聴講する条件として講義録を取ることが課せられたおかげで、今、われわれはその講義の一端を知ることができる。


戦前から戦後の高度成長期に日本中の村を歩き、膨大な著作を残した宮本常一。その語りは、聞く者に親しみと思索の広さと深さを感動させ、郷土に生きることへの勇気と希望を与え、生涯忘れ得ないものとした。本選集では昭和30年から50年代にかけて日本各地でおこなった講演をテーマ別全8巻に編集。3.11後、日本中の誰もがこれからの暮らしの根となるものや
地域の絆を模索している今この時、宮本の言葉の一つひとつが新たな迫力をもって深く心に届く。

第1巻 民衆の生活文化
第2巻 日本人の知恵再考
第3巻 都会文化と農村文化
第4巻 郷土を見るまなざし——離島を中心に
第5巻 旅と観光——移動する民衆
第6巻 日本文化の形成 講義1
第7巻 日本文化の形成 講義2
第8巻 日本人の歩いてきた道

四六判 上製 各巻平均310頁 定価2940円 農文協刊
by komachi-memo2 | 2013-06-10 09:53 | Comments(0)