komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ようやくGO——宮本常一講演全集

 2年越しの企画編集作業を進めたきた「宮本常一講演全集」の発刊のGOサインが、ようやく版元の農文協から正式に下りた。今回は編集局のトップふたりが読み合わせるという念の入れようだったが、「面白い!」という連絡が入った。面白いに決まっているさ。
 戦前から戦後高度成長期にかけて日本全国を歩き、民衆の生活と暮らしをつぶさに記録した宮本常一は、話の名手でもあった。彼が農村や離島に繁く通い、そこに暮らす人びととその地域が自立する道をいっしょに考え、いっしょに悩み、叱咤激励し、具体的なヒントを与えたことで、生まれ変わった村は数多くあるが、どのような話をしたか、その多くはこれまで一般の人には眼に触れることができていない。この全集では地域での講演、武蔵美で講義した紙や染織といった日本人の生活文化講義、晩年の観文研での勉強会での「日本人はどこから来たのか」という壮大な宮本の日本歴史観まで、いま手に入る講演記録を可能な限り収録して、ミヤツネさんが戦後の日本の文化を、日本の地域をどのような方向に立て直そうと考えていたか、またその日本文化全体についての視点と博覧強記ぶりを編むことで、ただの民俗学者に収まらなかった宮本常一像をあぶりだそうとしている。
 こちらは既に延べ1000頁を優に超えるリライト作業を進めてきたから「NO」が出たらしばらく立ち直れなかった。正直安堵したが、この編集作業、トライアスロンレースに例えるならば、ようやく水泳を終えてバイクのペダルを踏み出した辺りか。順調にいけば7月から来年にかけて発刊。「発刊を早くしないとこちらがくたばる」とせっつく田村善次郎先生との二人三脚、完成まで道中未だ遠しであるが、手応えのある仕事だ。以下のテーマに分かれる。

1巻 民衆と生活文化
2巻 生活と伝統
3巻 ふるさとを育てる
4巻 地域を見る眼差し
5巻 旅と観光
6,7巻 日本文化の形成
8巻 日本人の歩いてきた道

●農文協から7月より順次発刊予定
全8巻、四六判、各巻300頁前後
by komachi-memo2 | 2013-02-25 11:09 | ヒルトップの日々 | Comments(6)

Tokina AT-X 300mm F2.8まだまだ現役

akahara2013022404

今日は久しぶりにニコンマウントのTokina AT-X 300mm F2.8に、テレコン1.4倍を介してE-M5で撮ってみた。840mmf4相当、もちろんMF撮影である。今や中古で5万ほどで買えてしまうこのサンニッパ、なかなかどうしてシャープな写りをする。重さは2140g、恐らくこれまで販売されたもっとも軽いサンニッパではないか。一脚につけて、半日歩いても苦にならない。ニコンの300mmF4に比べるとピントの山がつかみにくいし、色抜けも悪い。それでも私にとってまだまだ現役レンズである。E-M5という抜群の手振れ補正ボディのおかげで、飛び物を外せば、絞り開放にしてf2.8の明るさがほしいとき、MF使いでのこのレンズの価値はいまだ現役である。オールドレンズをいかに活かすかは使い手側の腕のうちである。写真のアカハラはISO800、SS125、F4。ピントは慎重に合わせているが、それでもSS125では相手が動いてしまう。ISOを1600に上げればどうなったか。動きは抑えられたかもしれないが、画像はもっと荒れる。この辺りがE-M5のスペックの限界である。オリンパスもISO3200が常用できるような画質になれば、言うことないのだが。

mozu2013022402
by komachi-memo2 | 2013-02-25 00:48 | 探鳥 | Comments(0)

鳥の採餌3景

野山を歩いていてよく目にする鳥たちでも実際に彼らが何を今食べているのか、わからないことが多い。アオジにしてもシロハラにしても、その採餌しているようすを双眼鏡で観察していてもわからず、彼らが去った後に採餌していた場所に行って、落葉の上を探しても、どれが彼らの食べ物であったのか、確証がつかめないことがほとんどだ。そうしたなかで、先週、3種の鳥の採餌のようすを観察できた。

c0042548_2215717.jpg

・キクイタダキとクモ 
いつもは杉の頂の辺りで、忙しく出たり入ったり、ホバリングしたりして採餌をしているのを見かけるが、何を食べているのかつかめなかった。この日、幸運にも松の枝に10羽以上のキクイタダキが採餌しているようすを真横から観察することができた。キクイタダキが採餌していた餌はクモであった。樹木の樹冠部分は地上からはうかがい知れないほど豊かな小生物の生態系をなしていて、小さなクモたちも無尽蔵にいるのだろう。写真のキクイタダキがほおばっているのは、コガネグモの仲間であることをナチュラリストの大先輩のTさんが教えてくれた。

c0042548_22161121.jpg

・アカウソとソメイヨシノの蕾 
11〜12月とウツギやイノコヅチの種子を食べていたウソたちは、1月下旬にはソメイヨシノの花芽の蕾を食べていた。先週見たアカウソも公園のソメイヨシノの枝に止まり、蕾を食べていた。並木の下はどこも彼らの食べ残した花芽が無数に落ちている。今年の南郷公園の桜の開花は期待できない。

c0042548_22163565.jpg

・シメとヤマモモの種子
人通りの絶えない公園の舗装道路の脇にシメが降りて、なにやら採餌している。遠くから観察していると、人が通ると木の上に逃げるが、いなくなるとまた道路に降りてきた食べ始めた。プロミナーで観察すると、黒っぽい種で、嘴の中で回しながらニッパーのような嘴の付け根で砕いて食べている。シメの食べていたところで探すと、その種は頭上に枝を広げるヤマモモで、生け垣と舗装道路の境の地面にたくさん落ち、シメがはき出した種の殻が落ちている。殻はきれいに二つに割れている。シメが口の中で種を回しているのは、割るのにちょうどいい場所を探しているのだろう。わたしも拾って試してみたが、とても硬くて歯の悪い私には割れるものではなかった。
c0042548_2217426.jpg


写真はすべて真鍋元撮影。
by komachi-memo2 | 2013-02-24 22:26 | 探鳥 | Comments(0)