komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雨の「豊洋酒家」

c0042548_1751463.jpg勤労感謝の代休日となった昨夕、仕事場でそろそら帰るか腹も減ったしと思っている所に、電話。「外で食べない?」。葉子も勤労感謝をしたいらしい。行った先は鎌倉由比ヶ浜駅の「豊洋酒家」。以前komachi-memoで紹介したことがある駅のプラットホームにくっついている小さなお店。雨が降っているので、客は少なく、すぐ座れる。メニューを見ながら今日はいつも食べないものにしようと決める。鳥の唐揚げ絶品(元が大好き、美味い!)、マーボー春雨(温が好き。白いご飯を追加注文)、エビのつみれの入ったワンタンメン(私はこれが一番うまかった。写真の麺)。食った食ったと言ってもお独り2000円でおつりが来る。「いいよな、あの店が家の近くにあったら毎週行くのに」「豊洋酒家」の帰りの車の中のいつも同じ会話。
by komachi-memo2 | 2008-11-25 17:07 | おいしい物 | Comments(0)

カモを見に酒匂川

c0042548_1211283.jpg
↑嘴元の白い斑がかわいいトモエガモのメス
10ヶ月ぶりに酒匂川にカモを見に行く。フリースにウインドブレーカーを着込んでいったが、天気良く、風なく、暑くて脱いでしまう。確認した種数は52種。飯泉取水堰でトモエガモ♀が見られたことが今回の収穫。オオバン、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ多く、他にカワアイサ18、ヨシガモ5(♂)、ハシビロガモ15以上、キンクロハジロ1(♀)など。酒匂川の中洲ではイカルチドリ12、シロチドリ1,ハマシギ24など。今年1月に、アリスイ、ホオアカ、タシギを見ているが、いずれも見られず。飯泉橋から川を見下ろすと、サギの仲間、オオバン、カモ、カモメ、カワウなどの棲み分ける場所が明瞭に見て取れて面白い。買ったばかりのオリンンパスE3に望遠レンズを付けていったのだが、コンパクトフラッシュを入れてこなかったことを酒匂川について発見。これではたくわん石をリュックに入れてきたのと変わらない。元はデジスコのアタッチメントを忘れてきた。親子そろってオヨヨだった。写真はプロミナーの接眼部にコンデジを押し付けて撮ったもの。

●観察コース 酒匂橋⇔飯泉取水堰⇔飯泉橋
●確認した種類
カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ゴイサギ、ミサゴ、トビ、コガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、トモエガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カワアイサ、キジ、オオバン、シロチドリ、イカルチドリ、イソシギ、ハマシギ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ユリカモメ、ドバト、キジバト、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、ツグミ、ウグイス、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
c0042548_1215161.jpg
↑オカヨシガモ、コガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ
by komachi-memo2 | 2008-11-24 12:05 | 探鳥 | Comments(0)

里山の散歩

c0042548_15411129.jpgデスクワークが停滞すると散歩に出る。仕事場から5分も歩けば山の中だ。アラカシ、コナラ、ツバキ、ミズキ、ヤブニッケイ、マユミ、エノキ、ハゼ、スギ。葉山の森は常緑樹の中に、落葉樹が混ざり、その一部に植林した杉が生えている。平日は行き交う人もいない。聞こえるのは風の音と鳥の声。
by komachi-memo2 | 2008-11-22 15:55 | ヒルトップの日々 | Comments(0)

トゲナナフシ

c0042548_18462712.jpg
外では木枯らしが吹いている。冬の到来だ。小さな虫たちを見ることが少なくなったこの頃だが、よくトゲナナフシが道路で轢かれているのを見かける。先日、畑の脇のコンクリートブロックの立ち上がりに、前肢をまっすぐ伸ばし、一生懸命枯え枝に変装していた。「見ぃつけた!」つかまると今度は体を曲げて威嚇する。それでも敵わないとなると退散。なかなか可愛いヤツである。この仲間は♀しかいないそうだ。単為生殖といって、♂と♀がセックスしなくても子供が産まれるのである。カイガラムシやゾウリムシなどは単為生殖。サメでもトカゲでもそういうことがたまにあるらしい。最近は実験室でネズミの単為生殖が成功したという。雌に食べられるジョロウグモ、オチンチンだけのチョウチンアンコウ、とかく自然界の♂はつらそうだ。しかし、♂がまったくいらない世界があると聞くと、それはないよなと、♂の私としてはすこし寂しい気がするのである。
by komachi-memo2 | 2008-11-21 18:54 | かたちの不思議 | Comments(0)

青木シンさんの展覧会

c0042548_18525514.jpg
昨日は夕方から中目黒で開催されている畏友青木シンさんの展覧会に行く。自由自在にさまざまなタッチで書かれた人の顔、顏。青木さんの絵はどれも不思議な光を放っているようなところがある。それを見たくて毎年見に行っている。会場で秋山、吉松、高田の諸兄にひさしぶりに会う。みんなで東南アジア旅行をはしごしたのはもう20年以上前。光陰矢の如し。近くの中華料理屋に移動して、コース7品目を平らげる。みんなジジイになって、それぞれどこかにガタが来ているが、胃袋のほうは大丈夫のようだ。
by komachi-memo2 | 2008-11-20 18:54 | Comments(0)

中村橋

しばらくご無沙汰していた中村橋の奥村先生のアトリエに先週、今週と続けて行く。先週は環境創機の《そよ風》の勉強会。環境創機の友さんから頼まれていたカタログがそろそろできるので、事例紹介でお世話になった勉強会出席者に挨拶がてら顔を出す。松原さん自作の生ハムに奥村さんは「うまい!」。生ハムづくりの大家に絶賛されたのだからこれ以上の賛辞はない。奥村さんから来年以降の宿題が出された。いい雰囲気である。昨日は現在編集中の野沢正光さんの本に収録する対談で出かける。いつものことだが、話は途中から脱線。こどもの頃のトンボ採りの話に奥村さんは夢中になる。テープ起こしが大変だなと思いながらもついつい本業を忘れて、話にのってしまう。終了後、近くの「菖蒲」でご馳走になる。まことさんの吉村事務所で担当した住宅の話を聞く。これまで奥村先生の本を4冊出すことができた。来年、もう一冊出せたらと考えている。
by komachi-memo2 | 2008-11-19 15:16 | ヒルトップの日々 | Comments(0)

二つの展覧会

c0042548_15454030.jpg今月開催される展覧会の案内状を二ついただいた。
一つは畏友青木シンさんの中目黒で開催されるKAOS展。青木さんの絵はいつもすがすがしい気分にしてくれる。また見た後に少し幸せな気分になって帰ることができるだろう。元気をもらいに行こう。もう一つは板橋区立美術館の「新人画会展」。「新人画会」は太平洋戦争末期に靉光、麻生三郎、寺田政明、松本俊介らによって結成された伝説的なグループで、展覧会は空襲警報下の帝都で3度だけ開かれたという。池袋モンパルナスの住人が多い。亡父のことを麻生夫人からたくさん伺いましたと、企画にかかわった学芸員の方の手紙にあった。こちらもゆっくり平日に見に行きたい展覧会である。
●青木シンのKAOS展 11月18日→30日 CASPER'S Gallery 電話03-6806-1671
●新人画会展 2008.11月22日→2009.1月12日 板橋区立美術館 電話03-3979-3251
c0042548_15465434.jpg

by komachi-memo2 | 2008-11-10 15:52 | EVENT | Comments(0)

オリンパスE3

コーワのプロミナーとデジスコセット(SONY Cyber-shot)を息子の元に譲ってからここしばらく、彼はめきめき腕をあげるが、一方の私はリコー・カプリオR6でメモ撮りするだけとなった。これでは親父は少し寂しい。思い切ってデジタル一眼のシステムを鳥と昆虫観察を目的に組み立てることにした。購入したのはプロの昆虫写真家の中にも使い手が多いオリンパスE3とフォーサーズのズイコーレンズ3本。35mmマクロ、ED12-60mm、ED50-200mm.。これで35mm換算で24-400mmまで確保できる。1.4倍のテレコンと超広角レンズもほしいが、これはまだお預け。E3にはライブビュー機能があるのがうれしい。液晶の倍率を10倍まで拡大してピント合わせが可能なので、小さな昆虫撮影には最適である。さあ、撮るぞ。
by komachi-memo2 | 2008-11-10 15:12 | 道具 | Comments(1)

奥松島・伊豆沼・蕪栗沼周辺探鳥会

c0042548_22395623.jpg
↑夜明けの伊豆沼。靄のなかを数万羽のマガンが飛び立つ。
11月1〜2日、日本の野鳥の会神奈川支部の上記探鳥会に元と参加。1年ぶりに宮城県伊豆沼周辺を訪れた。午前5時前、外に出ると外は満天の星空。プロミナーを担いだ一行は宿泊したウェットランドから徒歩10分ほどサンクチュアリーセンターに移動して夜明けを待つ。放射冷却で、プロミナーに水滴が付いていく。手袋を忘れた手が痛い。それも数万羽の群が飛び立つまでの儀式のようで、ちっとも辛くない。今回の探鳥会で確認できた種数は全行程で76種。ライフリストにハクガン、ミヤマガラス、エリマキシギ、ツルシギの4種(元はシジュウカラガンも確認)を追加できた。
↓マガン
c0042548_22404439.jpg

by komachi-memo2 | 2008-11-04 22:46 | 探鳥 | Comments(0)