komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今週の昼飯

c0042548_841929.gif
東京に打ち合わせに出るとき以外、昼飯は事務所でつくることが多い。たいがいは麺類。30分以内につくって食べることにしているからいつもナンチャッて料理。寒い日が続くのでラーメンが多い。一昨日はトマト湯麺、昨日はカレー味のパーコウ麺まがい。キムチラーメンもよく食べる。おやつは最近、鍋で焼芋を焼くことにハマッている。
c0042548_8414013.gif

by komachi-memo2 | 2008-02-20 08:50 | ヒルトップの日々 | Comments(0)

大山林道で見つけた泥たまご

c0042548_9272681.gif
泥たまごといってもピータンではない。ウズラの卵ほどの大きさの土でつくられたラグビーボール状のもの。なんだあ、これは?面白い! 一昨日の二子山の探鳥会でリーダーのシゲヤさんが冬眠中の昆虫を探している途中で、杉の根っこの乾いた土のなかから見つけた。大きさを計ると、一つは縦30ミリ、横22ミリ、穴は直径13ミリほど、もう一つは縦33ミリ、横24ミリ、穴の直径は11ミリほどで、どちらも厚さは1ミリほどである。かなりじょうぶにできており、硬めに焼いたクッキーほどはある。土以外の材料を使っているようには見えないが、照明の下で見ると、所々にキラキラ光る粒状のものが見える。固められたときの接着剤の役割を果たしたもののようである。インターネットで調べてみると、「チョコレート!?ではありません」と、「ぐんま昆虫の森」のHPにチョコレートの箱に入れられて土まゆが紹介されていた。これですよ、これ! HPに紹介されていたのはシロテンハナムグリの土まゆ。土まゆはカブトムシやホタルもつくる。シゲヤさんが見つけたものがどの種のものかを特定することは難しいが、大きさから考えるとハナムグリの仲間のもののようだ。土の中で孵ったハナムグリの幼虫が粘液を出して周囲の土を何度も押し付けて壁に固める。幼虫は成長し、蛹になり、その後羽化して地上へ脱出する。主の消えた土まゆの周囲の土がくずれても粘液のコンクリートで固められた厚さ1ミリほどの部分は殻として残され、乾燥した冬場に地上に姿を現す。たぶんそういうことなのだろう。自然がつくったものは、じっと見入ってしまう不思議さを秘めている。
by komachi-memo2 | 2008-02-19 09:34 | かたちの不思議 | Comments(0)

でできち

c0042548_22455529.jpg
雨戸を開けると、待っていたとばかりに今朝もトコトコと庭にやってくるのは、キジバトのでできち。うちの庭に来るようになって4年。今では縁側から家の中をのぞいて、大好物の麦をせがむようになった。あっという間に平らげて、エサ台の上にしばし陣取る毎朝。(photo by GEN) 
by komachi-memo2 | 2008-02-16 22:48 | 茅木山の日常 | Comments(0)