komachi memo2

komachi203.exblog.jp

<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中近用メガネ

秋に結膜炎になり完治したはずなのにモニターの10ポの文字が二重に見える。「カスミ目」でインターネットを調べるといろいろ原因が考えられるようで、ブルーベリーばかり食べていたが、ちょっと不安になって、また眼科に行った。何のことはない、メガネの視力が合わなくなっている。中近用メガネをつくりなさいと医者に言われた。モニターまで60センチ、原稿まで20センチ。その間でメガネを掛けたり外したりしなくて済むようにしたい。まさにデスクトップ・グラスである。眼医者のモニターの前に坐って完璧な処方箋を書いてもらい、メガネ屋でメガネを新調した。予期せぬ出費だが、これがよく見える。まずまずと思った。しかしである。今週、葉山に魚を食べたいと畏友3人がやってきた。その一人burikinekoさんがメガネの上にさらにメガネをして携帯をいじっている。釣り用の偏光グラスなどでよくあるメガネにバネで挟むタイプのレンズである。百円ショップで買ったという。試してみた。あ、よく見える。僕は新調した3万6千円也の処方箋付きメガネと百円ショップのレンズの見え方があんまり違わないことに、大いに不満である。
by komachi-memo2 | 2005-12-29 18:52 | 道具 | Comments(1)

手のひら双眼鏡

c0042548_16365149.jpg
いつも首から双眼鏡を下げていたいと思う。それもさりげなく目立たないように。これから探鳥しに行くぞーというハレの日は、軽登山靴(もしくは長靴)を履き、プロミナーを付けたジッツォを肩に担ぎ、首にはスワロフスキーをぶら下げて、近所の人が「ああ、また行くんだ」とわかるような恰好で家を出るのだが、普段の通勤の日も道すがらの探鳥用に装備は怠りなくしておきたい。ということで小さな双眼鏡がほしかった。しかし、手のひらサイズの双眼鏡はほとんどない。ライカやツアイスのポケットサイズも、いつもジャケットの下にぶら下げておくには大きすぎる。新宿ヨドバシで、「これしかないな」と購入したのがニコンの「ミクロン7×15CF」。折り畳むと7センチほどになる。重量も135gと常時ぶら下げていても肩が凝らない程度。ちょっと古典的なポリプリズム型のデザインも気に入っている。
by komachi-memo2 | 2005-12-29 16:39 | 道具 | Comments(5)

今年最後の探鳥会

c0042548_23472433.gif
今年最後の探鳥に酒匂川に元と行く。晴天だが風があり、じっとして双眼鏡を覗いているとかなり寒い。探鳥を初めてまもなく川の上を旋回するミサゴ。ツグミ、アオジを見るが数が少ない(今期は他の地域でも少ないのが気になる)。野球場近くの河原ではセグロセキレイ、イソシギ、タヒバリに混じって4羽ほどのイカルチドリ(写真)が石の間でさかんに採食。何を食べているかは確認できず。小田原大橋下でオオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメに混じり、数羽のカモメを確認。東海道本線架橋下付近でマガモとカルガモの雑種(♂)がマガモ(♀)とペアで泳ぐ。飯泉取水堰でお弁当を食べながらカモ類を観察。数が多いのはマガモ、カルガモ、コガモ、オオバン、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、カイツブリ。それ以外にカワアイサ、ヨシガモ、ハシビロガモを確認。最後までねばった元さんが1羽トモエガモ(♂)を発見。確認した種数は44種。これまでの最高となった。
●日時 12月24日 10時30分ー14時30分
●場所 酒匂川河口〜飯泉取水堰
●天気 晴れ(風やや有り)
●確認した鳥 アオサギ、ダイサギ、コサギ、ミサゴ、トビ、マガモ、カルガモ、コガモ、トモエガモ(♂)、ヨシガモ(♂)、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、カイツブリ、カワアイサ、オオバン、イソシギ、ハマシギ、イカルチドリ、ウミネコ、ユリカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、カモメ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ(♀)、ツグミ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、カワウ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス 計44種
by komachi-memo2 | 2005-12-25 23:53 | 探鳥 | Comments(0)

丘の上の仕事場

c0042548_17365371.jpg
引越は週末だが、電話工事とコピー機の搬入があるので、新しい仕事場によった。横須賀との分水嶺となる峯山の給水塔とほとんど同じレベル、けっこう高い。葉山の海が一望できる。左に長者が崎が細長く見える。チャリンコではきついので原付での通勤だな、来年は。
by komachi-memo2 | 2005-12-14 15:52 | 気持ちのいい場所 | Comments(3)

事務所の引越準備

仕事場を鎌倉から葉山に移すことになった。独立してから6度めの引越である。品川→目黒→品川→渋谷→鎌倉→葉山。振り返ってみるとどこも坂のある所だった。今度の事務所からは三浦の海が見える。登り坂の突き当たりである。今は喘息持ちにとって条件の悪いシーズン。せっかく直った目を腫らして、吸入器で誤魔化しながら片付け作業を続けている。
by komachi-memo2 | 2005-12-13 09:19 | Comments(2)

葉山・下山口ご近所でオオタカに対面

c0042548_135391.gif

雨が降りそうな天気だったので、元さんとちょっとだけ鳥を見に行こうと近所を散歩した。紅葉の最盛期、ハゼが真っ赤に色づき、山が美しい。青木さんの田んぼに行く途中、平橋付近でオオタカがカラスにモビングされ、キーキーキッと鳴きながら逃げるのを目撃。青木さんの田んぼではアシとガマの藪のなかでカシラダカに会えた。さて、下山川に移動しようと歩き出して下山川の対岸を見ると、枯れ木にオオタカらしき白い猛禽。トビより一回り小さいがカラスよりは大きい。その距離200メートルほど。8倍の双眼鏡では胸羽の白黒斑が見えない。急いで家にプロミナーとデジカメを取りに行き、戻るとまだ枝の上に止まって羽づくろいをしている。確かにオオタカの♀だ。ご近所でオオタカをじっくり観察できるとは何と幸せ。元さんも大感激。20分ほど止まっていてくれた。下山川の白石橋近くの民家のケヤキでは先週からカワラヒワの群れを見ることができる。川の中のアシとセイバンモロコシの藪でアオジの声。
●日時 12月3日 9時半から11時
●場所 下山川下流
●天気 曇りのち雨
●確認した鳥 アオサギ、コサギ、ゴイサギ(6羽)、トビ、オオタカ(♀、♂)、カルガモ(47羽)、コジュケイ(v)、イソシギ、キジバト、アオゲラ(v)、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ(v)、ウグイス(v)、メジロ(v)、カシラダカ、アオジ(v)、カワラヒワ(40羽)、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、計23種(Vは声のみ)
by komachi-memo2 | 2005-12-04 13:09 | 探鳥 | Comments(0)