komachi memo2

komachi203.exblog.jp

カテゴリ:探鳥( 293 )

巣作りの季節

c0042548_17462097.jpg

数日前からホトトギスの囀りが家の近くで聞こえるようになった。ききなしでは「特許許可局」だが、私の耳には「キョッカキョカキョク」と聞こえる。ずいぶん遅寝早起きの鳥のようで、昨日は暗くなってから鳴いていたが、今朝はまだうす暗いうちから鳴きだした。カラスと同じくらい早起きだ。昨日も元と3週連続で大山林道に探鳥に行った。途中の逗葉新道の道路標識は、ムクドリやスズメの格好の巣になっている。林道に入ると、倒木の根っ子が方々で森戸川を堰き止め、流れに勢いがない。場所によっては杉が表土とともに崩れ落ちていて、赤土がむき出しで、乾燥化している。オオルリのように崖地に巣をつくる鳥は巣作りの場所が大きく制限されてしまっているのだろう。カワセミの姿が少ないのもその影響だろうか。このところまともな羽の収穫のない元は、昨日はオトシブミを拾って遊んでいた。中を開くと1ミリほどの黄色い卵が一つ入っていた。巻き戻そうとするが、オトシブミほど上手に巻けない。オオルリの雌が巣材の苔をくわえているところを見つけた。近距離だが、逃げようとしない。尾をバシバシ叩き威嚇している。近くに巣があるのだろう。ゴメン、ゴメン、一枚撮らせてもらって早々に退却した。
写真上/巣材の苔をくわえるオオルリ(♀)
写真下/大山林道で拾ったオトシブミ
c0042548_1747317.jpg

by komachi-memo2 | 2005-05-23 17:50 | 探鳥 | Comments(4)

サンコウチョウ再来

大山林道で今年始めてサンコウチョウをオス、メスともに確認。先週は囀りも聞こえなかったから、ここ数日の到来である。林道の各所でオスの縄張り主張の囀りを聞く。これからつがいで巣作りという時期。今日は林道内は比較的人が少なく、サンコウチョウを元と観察している時に出会う人もごくわずかであった。サンコウチョウ、オオルリ、メジロ、ホオジロの囀り、コゲラのドラミングだけが森の中に響く至福の時。林道沿いはミズキが花を咲かせ緑が光り輝き、美しい。この時期はサンコウチョウ以外にもつがいを見ることが多い。今日見たつがいは、キジバト、コゲラ、キセキレイ、カワラヒワ。
●日時 5月8日 8時45分〜14時
●天気 曇り
●コース 長柄交差点〜逗葉新道〜大山林道〜双子山登山口
●確認した鳥 コサギ、トビ、サシバ、マガモ、カルガモ、コガモ、コジュケイ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、ツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、オオルリ、サンコウチョウ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ドバト
by komachi-memo2 | 2005-05-08 21:26 | 探鳥 | Comments(0)

7ヶ月ぶりの大山林道

c0042548_1834034.jpg

昨年の9月以来、台風24号による林道内の崖崩れで入れなかった大山林道に7ヶ月ぶりに入った。杉の倒木が至るところで道を塞いでいるが、ゴールデンウィークの最中のためか、バードウォッチャーはかなり入っていた。超望遠レンズを構えているいる人も数人、オオルリ狙いだ。ハンミョウが足下で盛んに「道を教える」。オオルリの囀り盛ん。運良くオオルリ♂を2度ほど見ることができた。他にアオゲラのドラミング、センダイムシクイ、ヤブサメの声。まだアオジの声を聞く。大山林道の探鳥を久しぶりに満喫する。元さんはムクドリの尾羽を採集。
●日時 5月1日 9時から12時30分
●天気 曇り
●コース 長柄交差点〜逗葉新道〜大山林道〜双子山登山口
●確認した鳥 トビ、カルガモ、コガモ(♂、♀)、コジュケイ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、ツバメ、キセキレイ(♀)、ハクセキレイ(♂、♂若)、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、センダイムシクイ、オオルリ(♂、♀)、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ(♂)、ホオジロ(♂)、アオジ、カワラヒワ(♂)、スズメ、ムクドリ(♂、♀)、ハシボソガラス(♂、♀)、ハシブトガラス、カワウ、ドバト、計29種
●写真/大山林道の元、オオルリ(♂)の囀り
c0042548_185636.jpg

by komachi-memo2 | 2005-05-01 18:08 | 探鳥 | Comments(0)

4月野鳥の会双子山探鳥会

c0042548_1843320.jpg

今月も大山林道に入れず、入り口で迂回して南郷上山公園から双子山に登る。双子山の中腹で、林道側からオオルリのさえずりを盛んに聞くことができた。アオジ、ツグミをまだ見ることができた。
●日時 4月17日 8時から15時
●天気 快晴
●コース 長柄交差点→逗葉新道→大山林道入り口→南郷上山公園→双子山山頂→南郷上山公園→御霊神社
●確認した鳥 ミサゴ、トビ、カルガモ、コガモ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、ツグミ、ウグイス、オオルリ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、クロジ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、カワウ、ドバト、計32種
●写真/ツバメ
by komachi-memo2 | 2005-04-17 18:45 | 探鳥 | Comments(1)

アオゲラの死

c0042548_991998.jpg


仕事場に行くために家の近くを歩いていると、ボケの大木の下草の上に
鳥の死骸らしきものがある。近づいてみると、オスのアオゲラである。
人通りのある道路際、猫やカラスにもいたずらされていないところを見ると、
まだ死んでそれほど時間が経っていないようであった。
外傷はない。なぜ死んだかは外見からはわからない。
体重120g、体長245ミリ。
そのまま埋めてやるか、剥製にするか、とりあえず家の冷凍庫に保存している。
探鳥を始めて1年、これまで他にもアオサギ、コジュケイ、カルガモの死骸を家の近所で見つけている。
鳥の生きる環境は厳しい。
by komachi-memo2 | 2005-03-22 09:13 | 探鳥 | Comments(2)

3月野鳥の会定例双子山探鳥会

c0042548_17522368.jpg


先週の鎌倉・源氏山探鳥会(佐助稲荷でクロジを間近で観察できた)に続き、今日は地
元葉山の双子山での探鳥会に参加。大山林道にまだ入れないので、この時期に観察の可能性の高いキクイタダキやミソサザイに会うことができない。先週は雪がちらつく中での探鳥会となったが、今週は手袋がいらない暖かさ。林道ではふきのとう、つくしが見られ、タチツボスミレやヒメスミレ、ウグイスカグラが可憐な花を咲かせていた。トビやカラスが巣材を運んでいるのをあちこちで見ることができた。帰りに下山川河口近くで骨と羽根だけになったカルガモの遺骸を発見。何本かの羽根を元は頂戴してきた。

●時間 8時から14時
●天気 曇り
●コース 長柄交差点〜逗葉新道〜南郷上山公園〜双子山〜南郷上山公園〜御霊神社
●確認した鳥 アオサギ、トビ、ノスリ、マガモ、カルガモ、コガモ、コジュケイ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、イカル、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト、計32種
●写真/タチツボスミレ
by komachi-memo2 | 2005-03-20 17:52 | 探鳥 | Comments(0)

今日は寒いぜ

c0042548_1625241.jpg

「寒いわよー、風邪引くわよー」と家族に言われても元さんと二人、今日も探鳥に出ていく。「うっ、今日はホントに寒いぜ」。担いだ三脚を握る手の感覚がなくなってくる。まずは青木さんの田んぼを見る。大欅の梢がタイワンリスにかじられて白く丸裸にされている。ここはカシラダカが見られる私たちのとっておきの場所。場所を移動して下山川沿いに御用邸まで歩く。下山川で始めてタヒバリを3羽見る。カメラに収めようとするが、まったくじっとしてくれない。ほかにキセキレイ、ハクセキレイ、イソシギ、カワセミ、ヒヨドリ、ムクドリ、マガモ、カルガモ、スズメ。バスで森戸神社まで移動。海岸にイソヒヨドリ、沖の岩礁にオオセグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、ウミウ、それに混じってアオサギが1羽、コサギが15羽。
●時間 10時15分〜13時30分
●天気 曇り
●コース 青木さんの田んぼ〜下山川〜(バス)〜森戸海岸
●確認した鳥 アオサギ、コサギ、トビ、マガモ、カルガモ、コジュケイ、イソシギ、ウミネコ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、イソヒヨドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ウミウ、ドバト、計33種
●写真 上/カシラダカ、下/タイワンリスにかじられた欅の枝
c0042548_16275643.jpg

by komachi-memo2 | 2005-03-06 16:30 | 探鳥 | Comments(3)

探鳥1周年記念城ヶ島二人探鳥会

c0042548_21113231.jpg

元さんと鳥見を始めてちょうど1年、始めて参加した探鳥会のフィールドは城ヶ島。今日は1年ぶりにバスを3回乗り継いで城ヶ島に行った。城ヶ島公園入り口付近、城ヶ島ハイキングコースでウミウの羽根をかなり拾えた。期待したクロサギ、ハヤブサは確認できず。
●時間 10時40分〜15時
●天気 晴れ
●コース 三崎水産物協同組合前〜白秋碑〜城ヶ島公園〜ウの断崖〜赤羽根海岸〜城ヶ島ハイキングコース〜アーケード
●確認した鳥 トビ、ウミネコ、ユリカモメ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ウミウ、ヒメウ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、計23種
●写真 イソヒヨドリ(赤羽根海岸)
by komachi-memo2 | 2005-02-27 21:12 | 探鳥 | Comments(0)

日本野鳥の会神奈川支部双子山探鳥会

c0042548_21262965.jpg


葉山と逗子にまたがる二子山は、山麓を縫うようにその南側を森戸川が流れ、流域の森林規模は三浦半島最大といわれる。バードウォッチングを始めて1年余、徒歩でも行かれる距離にこうした環境があることの幸せを感じている。今日は日本野鳥の会神奈川支部の定例探鳥会。午前中は曇っていたが、双子山の山頂に立つ頃には少し晴れて、遠く東京湾が見渡せた。頂上で元さんが小さな黒っぽい初列風切羽を一枚拾うと、みんなが協力してくれてかなりの部分の羽をその付近で拾うことができた。シジュウカラかな?と言っていたのが、たくさんの部分の羽が集まるとシジュウカラと断定できる。1羽のシジュウカラが誰かに殺されたことも。今日は確認できた鳥36種と多い。リーダーたちの耳のいいことには毎度のことであるが感心する。
●時間 8時〜14時30分
●天気 曇り
●コース 長柄交差点〜逗葉新道〜南郷上山公園〜双子山〜南郷上山公園〜御霊神社
●確認した鳥 カワウ、アオサギ、トビ、ノスリ、マガモ、カルガモ、コガモ、コジュケイ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、アカハラ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、クロジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、チョウゲンボウ(探鳥会直後に御霊神社で)
by komachi-memo2 | 2005-02-20 21:32 | 探鳥 | Comments(0)

セキレイのお宿

c0042548_19232020.jpg


いつ頃からだろうか。鎌倉の駅前の銀杏の木がハクセキレイのお宿になったのは。夕方6時前に近くに買い物に出てたときにはまだ姿はなかったのに、帰りに見るとお宿は満杯だ。何本も銀杏の木はあるというのに、止まり木は一本だけ。寒風にゆれる梢にざっと百羽前後。それでも家路を急ぐ人のなかに、頭上に彼らがいることに気付く人は案外少ない。
by komachi-memo2 | 2005-02-18 19:30 | 探鳥 | Comments(0)