komachi memo2

komachi203.exblog.jp

カテゴリ:探虫( 62 )

ミドリヒョウモンの前脚

c0042548_2212173.jpg
c0042548_22132117.jpg
今朝、通勤途中で出くわしたヒョウモンチョウ。
ヒョウモンチョウの識別は難しいが、前翅の翅脈に4本の黒い性標があることからミドリヒョウモンの♂に違いない。
わたしが住む葉山町で見たのは2回目。前回もこの時期だった。
ヒョウモンチョウはタテハチョウ科。タテハチョウの仲間の写真を撮るときには、前からも撮ることにしている。
それは前脚を撮りたいからだ。タテハチョウ科のチョウは昆虫であるのに、脚が4本しかないように見える。
前脚が退化(進化)したからだ。前脚は脚としての働きをやめて、味を感じる感覚器官になっているという。
吸蜜や産卵のときには食草に前脚を伸ばして触れる動作をするというが、まだそれを観察したことがない。
図鑑を見ても前脚が撮っているタテハチョウ科の写真はまず見つからない。
拡大した下の写真の複眼と中脚の間に、か細い前脚が撮っている。
c0042548_2213872.jpg

by komachi-memo2 | 2014-09-19 22:32 | 探虫 | Comments(0)

オオシオカラトンボの産卵

c0042548_065631.jpg
里山の田んぼに行ってみると、稲穂の上を占有しているのはオオシオカラトンボの♂。
♀が産卵にやって来るのを待っているのだ。稲穂に止まって占有している♂に他の♂が威嚇している(上写真)。
一枚の田んぼの上を10頭近くの♂が飛び交うなかに♀は一頭だけだ。
連結ができると、他の♂がその後を追い回す。
連結はそのまま稲株のなかにくずれるように落ちてゆき、
連結は解けて、♀は少なくなった水面をすくい上げるように打水産卵を始める。
♂はその間、♀の上でホバリングしながら他の♂に奪われないように警戒を怠らない。
♀はこの時期、♂とは別の場所にいて、産卵のために田んぼにやって来る。
♀はなぜ一頭だけなのだろうか。まさか♂と♀の生存比率がこんなに違うはずはないだろう。
これは争奪戦に勝利した強い♂の子孫だけを残そうとする♀たちの戦略なのではないだろうか。
c0042548_074169.jpg

by komachi-memo2 | 2014-09-15 00:16 | 探虫 | Comments(0)

リスアカネの産卵

c0042548_21591218.jpg
沼の薄暗い周囲の斜面をリスアカネの♂♀が連結して、地上30〜50センチほどの高さをゆっくりと移動していきます。
♂に首根っこを押さえられた♀は急かされるように、腹部をバネのように上下に動かして打空産卵をしていきます。
ストロボを焚くと、あっという間に連結はほどけてしまいましたが、♀はそのまま産卵を続けています。
おつながりのときよりも姿勢は安定し、ゆっくりホバリングしながらリズミカルに卵を斜め前に落としていきます。
何度もシャッターを切ったのですが、空中に投げ出された卵が撮っているカットはありませんでした。こればかりは修練と根気です。
上の写真では腹部に今まさに打ち出した卵が見えています。
by komachi-memo2 | 2014-09-02 22:03 | 探虫 | Comments(0)

樹上のレストラン

c0042548_0134068.jpg
8月の最終日の昨日、おとついと同じ近所の沼に夕方行った。顔見知りのトンボ屋さんが一人先に来ている。ようすを聞くと、今日はヤブヤンマが一頭もいないという。目当てとなる昆虫がいないので、自然と彼と話し込む。20年以上、この沼に通う彼は、マルタンヤンマが20頭近くも確認できた最盛期のこの沼のようすを語った。植物相がずいぶん様変わりしてしまっているという。この日は2時間近くいて、マルタンヤンマ♂一頭が♀を探しに一度、降りてきただけ。それとリスアカネの連結を一度見ただけ。沼のほとりに、今年2月の大雪で折れたクヌギが一本あり、5メートルほどの高さのところが虫のレストランになっていた。カブトムシ、ミヤマクワガタ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲを確認。
by komachi-memo2 | 2014-09-01 21:24 | 探虫 | Comments(0)

イチモンジセセリ

c0042548_22482746.jpg
セセリチョウの仲間は正面から見るととてもかわいいチョウだと思います。
by komachi-memo2 | 2014-08-31 22:49 | 探虫 | Comments(0)

ヤブヤンマの産卵

c0042548_180363.jpg
昨晩から明け方まで結構雨が降ったので、近くの沼にようすを見に行った。この夏は雨がほとんど降らなかったので、ずっと沼は干上がっていたのだ。ブッシュをかき分け沼に降りていくと、少し溜まった水にいくつもの波紋が広がり、ドジョウが息を吹き返していた。薄暗がりに目をやると、ヤブヤンマが沼の周りをゆっくり移動しながら朽木や湿った土の中にさかんに産卵している。沼の周りはブッシュに覆われているのだが、沼の上だけぽっかり空が見える。その空にときどきヤブヤンマの雄が見張りに現れる。しばらくすると、おつながりのリスアカネが、暗がりで打空産卵をはじめた。
c0042548_1813749.jpg

by komachi-memo2 | 2014-08-30 18:03 | 探虫 | Comments(0)

クロコノマチョウの産卵

c0042548_23282392.jpg
ジュズダマの葉裏に産卵中のクロコノマチョウ
昨日は、帰省していた元と夕方近くに久しぶりに裏山に散歩に出た。お目当てのトンボのいた池は見るも無惨に干上がり、周囲の大木も倒れてトンボが産卵に来る環境は大きく様変わりしていた。畑の脇の小さな空き地に10本ほどのジュズダマが生えており、その上をひらひらとクロコノマチョウが舞っている。神経質なこのチョウは人の気配を感じるとすぐに奥の暗がりに移動するのだが、昨日はジュズダマの近くで待っていると、何回も戻ってきて、葉の上に止まり、くるりと葉裏に移り、産卵を始めた。暗くてフラッシュを使ったが、やはり自然な色を出すのがむずかしい。
レンズは下ろしたてのシグマの150ミリマクロ。シャープだが、カリカリなシャープではない。
150ミリにするか、180ミリにするかさんざん悩んだあげく、重量判断で150ミリを選択した。
元はクロコノマチョウの卵を土産に、今日、大学に戻っていった。
c0042548_2329543.jpg
c0042548_2329382.jpg
ストロボを焚かないこちらの写真のほうが、自然な色に近い。暗がりのチョウの撮影は難しい。
by komachi-memo2 | 2014-08-25 23:43 | 探虫 | Comments(0)

7月中旬の林道の生き物

昨日の続き。
c0042548_22225381.jpg
湘南ではゴマダラチョウよりも圧倒的に見る機会が多くなってしまったアカボシゴマラダですが、2頭が一枚の葉の上にいるのを見たのは初めてです。交尾をしているわけではありません。が、下側の1頭の頭部は上側の後翅に接触しています。そしてときどき下側の1頭は腹部をJの字に曲げる姿勢をとっていました。上の1頭が♀で、交尾拒否をしていたのでしょうか。もうすこし観察を続ければ展開があったかもしれません。
c0042548_22235691.jpg
7月の林道ではカタツムリを多く見かけます。カタツムリだけを注意して観察すればいくつもの種類が見つかるだろうと毎年思うのですが、いまだに実行できていません。写真は殻に剛毛をはやしたオオケマイマイ。
c0042548_22243254.jpg
カラスザンショウの葉にいたナミアゲハの幼虫です。3令位でしょうか。ドロっとした感じがいかにも鳥糞らしく見えます。3〜4令の鳥糞状態のアゲハ類の識別は比較的わかりやすく、ポイントは腹部の先端近く。白斑が左右に分かれているのがナミアゲハの特徴。また全体に褐色がかっており、背中の白斑の形状などからナミアゲハの幼虫と判別しました。
c0042548_2225389.jpg
カメムシダケ。カメムシの種類はわかりません。冬は土の中で寝るのが一番、やれやれと、寝ているときに菌にやられるのだからたまりません。虫に生まれなくてほんとうに良かったと思います。
by komachi-memo2 | 2014-07-22 22:32 | 探虫 | Comments(0)

林道の変装の名人

昨日は7月の二子山定例会。仲間と林道を歩く。この時期は鳥が少ないが、それでもオオルリ、サンコウチョウに会うことができた。鳥が少ないこの時期、林道では様々な生き物たちに会える。きれいなもの、びっくりするもの、いつ来ても飽きることがない。スイカを食べながら鳥合わせをして解散。楽しい1日でした。
c0042548_1732533.jpg
クズの葉にいたのはアシナガバチに似たヨツスジトラカミキリ。ハチを食べて痛い思いをした天敵にはこの擬態は効果があるのだろう。
c0042548_17315035.jpg
アケビコノハの幼虫。同じ擬態でもこちらはドハデな形態で相手に「これはヤバイ」と思わせる。たしかにパクリとやるには勇気がいりそう。それでもアケビコノハヒメコバチというこの幼虫に寄生するハチがいるというから昆虫の世界は一筋縄ではいかない。
c0042548_17325232.jpg
c0042548_17342710.jpg
杉の木には地衣類をまとった迷彩の名人が住んでいる。上はコマダラウスバカゲロウの幼虫。触っても全く動じない。以前、家で飼ったことがある。えさはダンゴムシ。ダンゴムシが近くを通ると、すばやく動いて、一刺し。下はシラホシコヤガの幼虫。こちらは触ると尺取虫のように動く。
by komachi-memo2 | 2014-07-21 17:41 | 探虫 | Comments(3)

アカスジキンカメムシの変幻

c0042548_22174388.jpg
10日ほど前、仕事場の駐車場脇のアジサイの葉をふと見ると、アカスジキンカメムシが付いていた。すでに成虫になっているものもあったが、終令幼虫もなん個体か。この紫の光沢のある黒に白のツートンカラーの幼虫は鳥糞に擬態していると言われるが、この終令幼虫が鮮やかな成虫に脱皮する瞬間を見たいものだと毎日、朝夕の行き帰りに覗いていたのだが、ついに見ることはかなわなかった。もっと早朝に覗けば見られたのかもしれない。それにしてもこの変幻ぶりはすばらしい。人にはとても美しく見えるこの成虫は、捕食者にはどのように見えているのだろうか。
by komachi-memo2 | 2014-06-05 22:23 | 探虫 | Comments(0)