komachi memo2

komachi203.exblog.jp

2017年 09月 08日 ( 1 )

満汐のシギたち

 干潮から2時間もすると、潮が少しずつ動き始めた。平坦に見える干潟も沖に向かってわずかの起伏があり、低い箇所を求めて満ちだした潮はやがていくつもの細長い島を形成する。その島に鳥たちの移動が始まり、干潟はざわつきはじめる。片足立ちで風上に顔を向けて動かないダイゼンの横では、ミユビシギが潮の満ちる間を惜しむように採餌を続けている。いつの間にかミユビシギの群にはお腹の黒い夏羽のハマシギが紛れていた。そろそろ長靴に潮が侵入しそうになった頃、オオソリハシシギもやってきた。

c0042548_17080321.jpg
c0042548_17081450.jpg
c0042548_17082082.jpg


by komachi-memo2 | 2017-09-08 18:00 | 探鳥 | Comments(0)