komachi memo2

komachi203.exblog.jp

新年最初の酒匂川探鳥でアリスイ他54種

c0042548_21243924.jpg
↑ホオアカ(photo by GEN)
午前10時、酒匂橋の上空、雨混じりのどんよりした空にヒメアマツバメが旋回していた。よく見るとイワツバメが混じっている。その数、合計で60、70羽。ヒメアマツバメが6割強というところ。「えー、今ごろイワツバメ?!」イワツバメは夏鳥。帰宅して最近発刊された日本野鳥の会神奈川支部の鳥類目録vol.5を調べると、イワツバメの項に「冬季に小田原周辺を中心として観察されており、越冬個体がいる可能性もある。・・・ヒメアマツバメと飛び回ることがある」と書かれていた。今回のサプライズは東海道線架橋近くの東側葦原でアリスイ、タシギ、ホオアカ、セッカをほぼ同時刻(14時)見たこと。アリスイは元さんが葦原の中の枯れ木の枝にいるのを偶然発見。なかなか探して見つかる鳥ではないのでラッキーだった。タシギもイカルチドリを探していて、中洲で採食しているのを発見。ワシタカ類はトビ以外見ず。新年最初の酒匂川探鳥は手足のかじかむ日和ではあったが、54種を確認できた。これまでの酒匂川探鳥で最多の種数である。
●日時 1月13日 10時〜15時 
●天気 曇り、時々雨
●コース 酒匂橋→スポーツ広場→飯泉取水堰→飯泉橋→酒匂川東側河川敷→酒匂橋
●確認した鳥 カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ゴイサギ、トビ、コガモ、マガモ、カルガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、カワアイサ、オオバン、シロチドリ、イカルチドリ、イソシギ、ハマシギ、アオアシシギ、タシギ、ウミネコ、カモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ユリカモメ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、アリスイ、ヒバリ、イワツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス(声)、セッカ、ホオジロ、ホオアカ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト、計54種+(アヒル)
by komachi-memo2 | 2008-01-13 21:28 | 探鳥 | Comments(0)