komachi memo2

komachi203.exblog.jp

長津呂崎の鳥キチたち

c0042548_22401280.jpg「何を見ているんですか?」
「海鳥です。肉眼では見えないんですがね」
今日、何度目かの観光客の同じ質問にメンバーが答えている。場所は城ケ島・長津呂崎。メンバーは城ヶ島沖の海鳥観察グループの鳥キチの面々。元さんも私も昨年からメンバーの末席に入れてもらっている。
「ブイの右にアビ類5羽、左に移動……今、通過」とメンバーの声。「はい、キャッチしました。」他のメンバーの声。メンバー全員が海上の水平線にプロミナーを向けて接眼レンズから目を離さないから、海上にあるいくつかの目標物、ブイや浮き玉、釣り船、天気のいい日には北から南まで水平線の彼方に見える大山、富士山、伊豆半島、大島などを目印に、声をかけながら鳥の発見場所と移動方向を教え合う。40、60倍のプロミナーで見ても米粒ほどの鳥のシルエットと白黒の濃淡だけがわずかに確認できる(こともある)究極のバードウォッチング。難しいからこそハマると怖い。ここに通い詰めるベテランバーダーたちはかなりの識別能力をここ数年で身に付けてしまった。元さんも私もまだ入門したてで、彼らの能力にただ唖然と感嘆している。
今日の城ケ島はとても寒かった。岩陰に風を避けて腰を下ろしているのだが、腰から下がブルブル震えて止まらない。それに海水温と気温の差が大きく、陽炎が立って沖の水平線上にピントが合わない。それでも参加者は14名。確認できた海鳥はアビ類、カンムリカイツブリ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、ウミスズメ、カンムリウミスズメ、コアホウドリ、ミツユビカモメ、カモメなど。元さんと私は初めてみるコアホウドリの飛翔の姿に感激の一日だった。
by komachi-memo2 | 2007-02-25 22:51 | 探鳥 | Comments(0)