komachi memo2

komachi203.exblog.jp

鷹の渡りの季節到来

c0042548_1534454.gif
↑サシバの幼鳥
 今年初めての鷹の渡りの観察を三鳥連のメンバーと大楠山で行なった。7時半頃から大楠山中腹の市民病院を見下ろす視界の開けた場所で、観察を開始したが、トビも飛ばない。エナガの声を聞きながら近くの木々に止まるメジロ、ホオジロ、ヤマガラなどを観察していると、突然、宮脇さんの「アオバトだ!」の声。「え!アオバト!」ベテランバーダーは見つけるのが一瞬早い。アオバトが海側から近くの木の茂みの影に3羽飛び込むのを目撃。「アオーアオー」と、聞きなれたハトの鳴き声とはおよそ異なる声で鳴く。木のなかに止まるとまったくカモフラージュされてわからない。1羽だけ幸いにも木の陰から姿を見せる。濃灰色の風切と美しい緑の雨覆、その中に薄い葡萄色が混ざる。咽や背は図鑑で見るよりもずっと緑がかった黄緑色だ。嘴もアイリングも白い。今年生まれの♂の幼鳥かもしれない。
 宮脇さんは3羽が付近に現れる1時間ほど前に、海側に飛んでいく2羽を見ていた。ということは佐島辺りに海水を飲みに行って、戻ってきたのかもしれない。天神島あたりに出没しているのだろうか。一度確認する必要がある。
 場所を大楠山山頂の見晴らし台に移した直後、またしても宮脇さんの「鷹!」の声で湘南国際村側(北側)を見ると、サシバの幼鳥。サシバは4羽(いずれも幼鳥)に数を増やし、我々のいる山頂付近を低空で飛ぶ。ミンミンゼミをフライングキャッチして梢で食べたり(キリギリスも)、電信柱の上で羽繕い。その後、午後1時頃までにノスリ2羽(1羽は幼鳥、もう1羽は確認できず)、オオタカ1羽(幼鳥)、サシバ1羽(幼鳥か確認できず)が現れる。ノスリ2羽のうち1羽(幼鳥と確認できないほう)は江ノ島方面(北北西)にかなり高く飛び、視界から消える。また最後に現れたサシバは二子山方面(北)に高く飛び、視界から消える。下山途中、羽のまだ美しいアサギマダラを見る。もう秋の渡りの季節の到来である。
●日時 2006年8月26日(土)7時30分〜13時30分
●場所 大楠山中腹および山頂
●確認した鳥 カワウ、アオサギ、トビ、オオタカ、ノスリ、サシバ、コジュケイ、シギ(タカブシギ?)、キジバト、アオバト、ヒメアマツバメ、アオゲラ、コゲラ、ツバメ、キセキレイ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ハシブトガラス、(ドバト)
 
by komachi-memo2 | 2006-08-27 15:40 | 探鳥 | Comments(0)