komachi memo2

komachi203.exblog.jp

捕獲されたアライグマ

c0042548_20363031.jpg
仕事場にしているテラスハウスの北側は隣地の鬱蒼としたタブやシイの林になっていて、玄関口のちょうど上にかぶさるように夏ミカンの木がある。6月頃から一つ、また一つとミカンが玄関先に落ちるので、試しに拾って食してみたが種が多く、そのうち拾わなくなった。ある日、落ちているいくつかのミカンを見ると、どれもきれいに中がえぐられてなくなっていた。タイワンリスだろうか、アライグマだろうか。雨の上がった夜に、帰宅のために玄関の鍵を締めていると、真新しいアライグマの足跡が玄関先に付いていた。16日、野鳥の会の探鳥会に参加すると、大山林道脇で捕獲されたアライグマを見ることができた。アライグマによる他の野生動植物や農作物の深刻な被害を受けている神奈川県は、「外来種被害防止法」に基づいて県内に生息していると推定される約4000匹のアライグマを駆除する方針を固めている。人間の「キャワイイ!」のエゴによって生まれ故郷から勝手に連れて来られたラスカル君。茶灰色の美しい毛並み、愛らしい黒い瞳が目に焼きついたままだ。
by komachi-memo2 | 2006-07-18 20:39 | 探鳥 | Comments(0)