komachi memo2

komachi203.exblog.jp

アジサシと草原の鳥を見に行く

c0042548_18152868.jpg
↑オオヨシキリ
c0042548_18155964.jpg
↑コジュリン(♂)
 昨日は、日本野鳥の会神奈川支部のバスツアーで、波崎港→飯岡漁港→利根川河口堰に元さんと二人で参加した。参加者は30人ほど。東関東自動車道で潮来まで北上し、利根川と鹿島灘に挟まれた波崎港をめざしてウインドファームを眺めながら海岸線を南下する。波崎港は浚渫工事中で、その影響でできた干潟を利用してシギ、チドリ類がやってくる。干潟でシロチドリ、スズガモ、コチドリを観察していると、浚渫土砂の山の上にできた水たまりにヒレアシシギ類がいるという声。行ってみるとアカエリヒレアシシギが2羽。1羽は水たまりから出て羽づくろいを始めた。それにしてもおかしな足だなあと思うが、足と思うからおかしいのであってオールと思えばおかしくないと納得。バスに戻る途中で、セッカの声。見回してみてもどこにいるかすぐにはわからない。ずいぶん探して頭上、ずいぶん高い位置まで上がって鳴いていた。
 アジサシ類を見に、飯岡漁港に移動。堤防沿いにバカ長を履いた男たちが海に入って貝を獲っている横を堤防先端まで歩いていくとアジサシの声が聞こえてくる。営巣地を避けて、テトラポット寄りに海岸に出る。コアジサシとアジサシの群れに混じって、クロハラハジサシが数羽。ハジロクロハラアジサシを1羽確認。アジサシたちは海で小魚を捕り、砂浜を行ったり来たり。ペリットを吐いたり、求愛給餌したり、見ていて飽きない。この海岸にもハシボソミズナギドリ、オオミズナギドリの屍体が相当な密度で打ち上がっていた。時間はずいぶん経っているようすで、頭骨は白骨化している。先だって野比海岸で見たものと同じ時期のものかもしれない。屍体を探して辺りを歩いていると、目と鼻の先にコアジサシの雛。ビニールゴミの間で動かずにじっとしている。オッと、踏んでしまうところだった。成鳥たちは人間どもの動きに合わせて距離をとっているが、チョロチョロと動き始めた雛はじっと隠れているしかない。
 バスで笹川に移動。利根川河口のアシ原でオオセッカ、コジュリンなど草原の鳥たちを見るためである。河口堰のあたりから土手上を歩く。オオヨシキリの声があちらからもこちらからも。その声のバリエーションにすっかり感心する。オオヨシキリは枯れたススキに止まると、ちょこちょこと枝の天辺まで登ってくれるので観察しやすいが、オオセッカは下のほうに隠れてしまう。ここで観察できたのは、オオヨシキリ、コジュリン、ホオアカ、オオセッカ、ヒバリなど。雨が降り始め、少し暗くなったのを機にバスに戻る。
 昨日の探鳥会でライフリストに新たに加わった鳥は8種。アシ原の鳥は神奈川県内にいてはなかなか見ることができないので、遠出は収穫だった。
●日時 6月25日 曇り
●場所 波崎港→飯岡漁港→笹川
●確認した鳥 オオミズナギドリ、カワウ、ウミウ、ゴイサギ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、スズガモ、コチドリ、シロチドリ(●)、オオセグロカモメ、ウミネコ、ハジロクロハラアジサシ(●)、クロハラハジサシ(●)、アジサシ、コアジサシ、キジバト、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオセッカ(●)、コヨシキリ、オオヨリシキ、セッカ(●)、ホオジロ、コジュリン(●)、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アカエリヒレアシシギ(●)、ウグイス、ハシボソミズナギドリ、ホオアカ(●)、ホトトギス、サシバ、キジ 計40種(●印は初見)
c0042548_1816567.jpg
↑アカエリヒレアシシギ
c0042548_18163048.jpg
↑コアジサシ、アジサシの群れのなかにハジロクロハラアジサシ(飛び立とうとしている)
by komachi-memo2 | 2006-06-26 18:28 | 探鳥 | Comments(0)