komachi memo2

komachi203.exblog.jp

1月ぶりの二子山探鳥会

c0042548_19385249.gif
↑湿地の落ち葉の下にトウキョウサンショウウオ。リーダーの話だと、オスがメスより少し早めに冬眠から起き、産卵に来るメスを待ちかまえているのだという。
◎このところ毎月欠かさず出席している日本野鳥の会神奈川支部二子山探鳥会に、元さんと19日に参加した。集合は長柄バス停。この日は元さんと年齢も同程度の小学校上級組のおんなの子がお母さんと参加した。この子も鳥の羽の収集家である。みんなが集合する間、この日彼女が持ってきたすばらしいコレクションファイルを見せてもらい、元さんのコレクション熱に油をそそいでしまった。また羽が落ちてない、落ちてないと、うるさくなる。この日、いつもの御霊神社で鳥合わせを終えても参加者は帰らなかった。探鳥会の開始まもなく逗葉新道沿いの崖でリーダーがツグミの群れの中にマミチャジナイらしき鳥を見たかもしれないということで、それをみんなで再度確認に行った。ツグミの群れの中にアカハラを見つけ、じっくり観察。その横にアオゲラまで登場。結局、マミチャジナイは認められなかったが、充実した探鳥会だった。大山林道の崖ではユリワサビが可憐な白い花を咲かせ、林道の湿地の落ち葉の下にトウキョウサンショウウオを見ることもできた。
●探鳥の日時 2月19日 8時〜15時30分
●天気 曇り
●コース 長柄交差点〜大山林道〜二子山〜南郷公園〜御霊神社〜長柄交差点
●確認した鳥 ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、マガモ、カルガモ、コガモ、コジュケイ、キジバト、カワセミ、アオゲラ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、アカハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ
計30種
by komachi-memo2 | 2006-02-21 08:36 | 探鳥 | Comments(0)