komachi memo2

komachi203.exblog.jp

トビの死

c0042548_2212219.gif
通勤の途中、葉山消防署近くの国道の脇でトビの死体を見つけた。捨てておけないので、赤ん坊を抱くようにして仕事場まで持ち帰る。小学生には好奇の目で見られ、大人たちにはシカトされる。帰宅後、採寸。全長65センチ、尾の長さ30センチ、嘴の長さ4.6センチ、足の長さ16センチ、体重1.16キログラム。何と軽いのだろう。大きさからして♀の成鳥である。翼開長は134センチだったが、死後硬直していたから実際は150センチほどはある。死因を考えてみる。交通量の多い国道の路側帯に死んでいたからまず考えられるのは自動車との追突だが、欠損している羽がかなりある。上尾筒が欠損し、尾羽は7枚も欠損している。また次列風切、三列風切がぼろぼろである。嘴の中から出血が見える。子細に見ていくと耳羽の辺りに突っつかれたような大きな傷があった。どうやらこれが致命傷のようである。カラスにモビング(いじめ)されて弱ったところを車にはねられたのだろうか。もっと眺めていたいが、冷凍庫に入らないので、明朝、上の山に埋めてやることにする。
c0042548_2215774.gif
翼を広げるとやはり大きい。翼開長は死後硬直していて上手く計測できなかったが、150センチほど。
c0042548_2264788.gif
死因は耳の部分の傷のようだ。後ろからカラスにつっつかれたのだろうか。
by komachi-memo2 | 2006-01-23 22:14 | 探鳥 | Comments(0)