komachi memo2

komachi203.exblog.jp

水たまりに落ちた針金

c0042548_17412216.gif
大雨の後の探鳥会に双子山に行く。水たまりの残る林道のあちらこちらで不思議な生き物を見つけた。太さ1ミリに満たない長さ30センチほどのクリーム色の生き物。ハリガネムシという。昨年の秋、死んだカマキリのおなかの中からこいつが出ているのを見た。袋形動物門・ハリガネムシ網・ハリガネムシ目に属する。水中に産卵されたこいつの卵が孵化すると、その幼虫を水生昆虫が飲み込み、その水生昆虫を食べたカマキリに寄生して大きくなる。カマキリから出て、池などの水のあるところに戻り、交尾・産卵するという循環を繰り返す。最初にこいつを見たときは、えっ!これ生き物?ほとんど水たまりに落ちた針金だ。
本日の探鳥会は猛禽類のオンパレードだった。ミサゴ、ノスリ、ハイタカ、オオタカ、トビ。魚を捕まえたミサゴが何度も旋回するのを大山林道で見る。ハイタカは御霊神社で大山林道から逗子方面に2羽飛ぶ。ノスリは長柄交差点、大山林道、御霊神社、長柄小学校付近でホバリングするのを見る。大山林道沿いのムクの大木で雄2羽のシメが実を割りながら口のなかで転がして食べるのを見る。
●日時 1月15日8時〜14時20分
●天気 晴れ後曇り
●確認した鳥 アオサギ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、マガモ、コガモ、カルガモ、キジバト、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ(声)、ツグミ、シロハラ、ウグイス(声)、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ。スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、カワウ、計33種
by komachi-memo2 | 2006-01-15 17:49 | 探鳥 | Comments(0)