komachi memo2

komachi203.exblog.jp

イスカとオオマシコに会う

c0042548_16052247.jpg
c0042548_16051025.jpg

 今週のクリスマス・イブの日、長く憧れの鳥であったイスカ、オオマシコとのご対面のプレゼントをもらった。早朝のJR辻堂駅に集合したバーダー仲間5人は観たい鳥が頭の中を巡り、まだ行き先が決まっていなかった。相談の結果、諏訪方面にイスカ、オオマシコ狙いで出発することに決まった。中央ハイウェイを雪を被った北岳、甲斐駒の偉容を眺めながら西に2時間ほどで目的地に着いた。
 私たちが滞在中、白樺の木立にイスカは30羽ほどの群で3度訪れてくれた。渋いレンガ色の雄、灰黄緑色の雌が小枝に群がる姿を目に焼き付けた。イスカというとイメージするのは厳寒の凍える木立に止まる姿で、それを覚悟していたが、この日は風もなく雪も降らず、遠くに白く輝くアルプスが望める穏やかな日だった。夢中になってシャッターを切っていると、空抜けの写真ばかり量産していることに気付き、途中からは樹木の下の方に止まっている個体を狙って撮ることにした。

c0042548_16061107.jpg
c0042548_16060031.jpg


 オオマシコは近くの林道沿いのハギの実を食べていた。ベニマシコと違い、雌も成鳥は赤みを帯び、特に若鳥の雌雄の区別は難しい。この日観たオオマシコは背、腰、上尾筒が少し赤みを帯び、胸部にもようやくわかる程度の赤みがある個体とそれより少し赤みのある2個体。いくつかの図鑑と見比べてみると、いずれも第一回冬羽雌のように思える。

by komachi-memo2 | 2017-12-26 16:13 | 探鳥 | Comments(0)