komachi memo2

komachi203.exblog.jp

チョウゲンボウの食事

 夕刻、太陽は薄く雲に隠れて草原のニッコウキスゲの咲く辺りは申し分のない光の状態だ。これで鳥たちが訪れてくれたらと念じるのだが、一向に現れない。と、涼しい風が横切り、ゴロゴロと遠雷が聞こえてきた。見上げると、晴れた空の一隅に黒い雲が動いている。さえぎるもののない草原での雷は怖い。いつの間にか辺りに人の姿は消えていた。そそくさと帰り支度をしていると、頭上をチョウゲンボウが飛び、山の斜面でホバリングをし、何かを捕らえるのを見た。急いで近づいてみると、チョウゲンボウは山の端から突き出た枯れた切り株を食卓にして、旨そうに獲物を食らっている。どうやら今夕の御飯はノネズミらしい。私もすこしお腹が減ってきた。
c0042548_10152083.jpg


Commented by shinmemo0417 at 2017-07-13 22:40
素晴らしい自然の光景です。
切り株の上で上等なご馳走をほうばるチョウゲンボウ。
タイミングでしょうか?引くに引けない微妙な間
by komachi-memo2 | 2017-07-12 10:17 | 探鳥 | Comments(1)