komachi memo2

komachi203.exblog.jp

初冬の奥日光の野鳥たち

c0042548_12372341.jpg
 
c0042548_12375989.jpg

4ヶ月ぶりに奥日光の野鳥を探して歩いた。5時前に迎えに来てくれた友人の車で葉山を発ち、赤沼に着いたのは9時少し前。空は抜けるような青空。駐車場前のズミの実に来る鳥を期待していたが、今年は不作でそこに鳥の姿はない。ベニマシコの声、遠くの梢を登っていくアオゲラ。双眼鏡で見るアオゲラは陽炎でゆらゆら揺れている。うむ、スタートから撮影は厳しい状況だ。
 コガラ、ヒガラ、マヒワなどを観察して湯川に沿って戦場ヶ原の木道に入る。湿原の彼方には白く雪の筋を何本も付けた男体山や太郎山がそびえ、遮るものがない。一月前ならノビタキが方々の枝先に止まっていただろう湿原は、今はシンと静まりかえり鳥の気配はない。湿原の上を20羽ほどのアトリの群が飛んでいく。
 しばらく歩いたとき、先頭を歩いていたSさんが驚いたように指を森の方向に指している。「大きい丸いコケの付いた白樺の左の木の横の枝!」「え!?」そんな木はたくさんあって瞬時にどこかわからない。「あ、わかった! こっちを向いている!」フクロウだ。30メートルほどの距離。Sさんは目の前を白ぽい猛禽が飛んだので気付いたそうだ。飛んだ瞬間に出会わなければSさんでも見逃したかもしれない。Sさんに感謝。フクロウはさらに我々から距離の離れた小枝の混んだ場所に移り、撮影が難しくなった。
 
c0042548_12385636.jpg
c0042548_12401091.jpg

湿原から森林帯に入ると、とたんに樹間を飛ぶ小鳥が増えた。コガラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、キクイタダキ、キバシリ。なかでもキバシリは何度も見るチャンスがあった。しかし、ピーカンで黒い陰ができる冬の落葉樹の森で、首が痛くなるような角度ですばしっこい小鳥の写真を撮るのはなかなか難しい。小田代橋から湯滝に向かう途中、樹間を低く移動するオオアカゲラを見る。雄だった。アオシギがいそうな水際を探して歩くが、見つけることができなかった。

c0042548_12411210.jpg
c0042548_12414516.jpg
c0042548_1242927.jpg

 湯滝まで行き、そこでお弁当を食べて、赤沼まで戻ると、午後2時を過ぎていた。残り時間で光徳牧場、湯ノ湖、中禅寺湖に寄る。光徳牧場で観たゴジュウカラは人間などお構いなしに地面に下りて盛んに種子を採取していた。雪が降る前に採取した種を樹皮の下に貯蔵するのだろう。日が傾き、光が柔らかくなって撮影のゴールデンタイムだった。夕刻、最後に寄った中禅寺湖の湖畔のクマシデにはアトリの群が実を食べに来ていた。急に冷気が下りてきて、ダウンを着込んで撮影するもいかんせんもう暗すぎた。
by komachi-memo2 | 2016-11-15 12:59 | 探鳥 | Comments(0)