komachi memo2

komachi203.exblog.jp

湯川のミソサザイ

湯滝からの復路、8時を過ぎて森の中に日が差し少し気温が上がると、エゾハルゼミの大合唱が始まった。こうなると、遠くの鳥の囀りは耳に届きにくくなる。あ!、コマドリが鳴いた!しばらく対岸の辺りをくまなく探すが、姿を見つけることができない。囀りも一度だけ。あ!、ミソサザイ! 今度はコマドリが鳴いた方向と反対の山の斜面から聞こえる。遠くのミソサザイの囀りは高音域が聞こえにくくなっている私の耳にはもう届かない。近いぞ、近い。いた! D7100の連射の遅さにイライラしながら何度もシャッターを切る。あの小さな体で空に向かってあらん限りの力で美しく囀るミソッチ。癒やされる瞬間。
c0042548_1044981.jpg

by komachi-memo2 | 2016-06-01 10:07 | 探鳥 | Comments(0)