komachi memo2

komachi203.exblog.jp

コヨシキリーー草原の野鳥を見に行く1

c0042548_223394.jpg
先週の日曜日(5月31日)、北富士演習場に探鳥に行く。
午前0時頃、Sさんの車で自宅を出発。三国峠経由で山中湖に降りる途中、深夜の国道で見た動物は、タヌキ、4匹の子供を連れた本土ギツネ、ニホンノウサギ、それに10数頭の鹿。深夜の国道は野生ゾーンにもどっていた。
北富士演習場に着いたのは3時少し前。夜明け前に到着したかったのはヨタカに会えることをSさんが期待したからだった。車を止めて、ヘッドライトを消して、耳をすますと、暗闇の遠くからいくつかの鳥の声が聞こえてくる。ホトトギス、ノビタキ、そしてヨタカの声も確かに聞こえる。
4時過ぎ、山の端が赤く染まり、空が白み始めると、天空から「ズビャークズビャーク、ザザザーーー」とオオジシギが急降下してくる音が複数聞こえてくる。あわてて音のほうに双眼鏡を向けるが、まだ薄暗い空のなかにその姿を見つけることができない。
5時頃から朝の澄んだ空気のなかで、草原の野鳥を観察し始める。その後、バーダー仲間のNさん親子、Saさん、Kさんも合流。コサメビタキの営巣を発見し観察後、Sさんと昼食にホウトウをぱくつく。キビタキの林を観た後、また演習場にもどり、水場に集まる鳥を観察。帰宅したのは7時半頃。20時間の長丁場、中身の濃い探鳥だった。
c0042548_22354866.jpg
c0042548_22361417.jpg


D7100+AF-S NIKKOR300mmf2.8DⅡ+TCE17Ⅱ、一脚使用
by komachi-memo2 | 2015-06-04 22:47 | 探鳥 | Comments(0)