komachi memo2

komachi203.exblog.jp

タムロン150-600mm投入

c0042548_18464380.jpg
野鳥撮影に今評判のタムロン150-600mm(ニコン用)を今日から投入。これまでD7100+1.4倍テレコン+ニコン300mmf4で撮影していたが、もう少し大きく撮りたいことと手ぶれ防止の誘惑に乗ってしまった。
午後から天気が崩れる予報だったためD7100にタムロン150-600を付けて家の裏山を散歩。裏山のブッシュの中からはガビチョウやウグイス、ヒヨドリ、メジロの声に混ざって、アオジやピョピョピョというシロハラの鳴き声が聞こえてくる。シロハラの声を聞くと、ああ、冬の季節がやってきたなと思う。車道に出ると、20メートルほど離れた道の脇でアオジが4羽、採餌をしている。
600mm で撮るが、それでも遠い。
タムロン150-600mmを使った1日目の印象は、ちょっとがっかり。シャープさ、AF精度ではニコン300mmf4に劣る。改めてサンヨンの素晴らしさを再認識した次第。自分が所有する野鳥撮影レンズのなかで、いちばんシャープに撮れる組み合わせはニコン300ミリにオリンパスのE-M5とオリンパスの1.4倍テレコンを使ってMFで撮影したときだ。タムロン150-600ミリを使いこなすにはD7100の設定も含めて少し時間がかかりそう。
c0042548_1848538.jpg

by komachi-memo2 | 2014-11-09 18:51 | 探鳥 | Comments(0)