komachi memo2

komachi203.exblog.jp

ソングポストのオオルリ

c0042548_9394129.jpg
4月27日。林道に入るとオオルリの囀りが聞こえてくる。どこかと見上げれば、尾根の上の杉の梢。林道には雄たちが縄張りを宣言するソングポストがいくつかあるが、ここも毎年の定位置。林道から距離にして40メートルだろうか。300ミリレンズに1.4倍テレコンをつけてもちょっと遠い。私の道具だとこの距離では限界。
c0042548_9395990.jpg
いつもの林道に行く途中、桜の木の下の乾いた砂利道でスズメが砂浴びをしていた。体に付いた寄生虫を落とすなどの体の手入れのためである。砂浴びをする鳥は他にどのくらいいるのだろう。ヒバリ、ホオアカ、ムクドリ、コジュケイは見たことがあるが、種類は案外少ない。体の手入れは水場が主流のようだ。
c0042548_9411421.jpg
この時期、林道は白い花が週変わりで花を咲かす。今はヒメウツギが満開。マルバウツギ、ヤブデマリが蕾の状態。写真はヤブデマリ。葉の上に花を咲かすので、尾根上から見下ろした方が見応えがある。
c0042548_9411192.jpg
林道のニョイスミレ。タチツボスミレより遅れて咲く。湿気のある日陰を好むようだ。ツボスミレという名前のほうが一般的に呼ばれている名前だが、牧野富太郎さんが命名したニョイスミレのほうが、姿形がイメージできて好きだ。茎が観音菩薩の如意棒のようにすくっと長く立ち上がり、曲がってその先に花を咲かせる。
by komachi-memo2 | 2014-04-29 09:48 | 探鳥 | Comments(0)