komachi memo2

komachi203.exblog.jp

オオルリ初認

4月13日、大山林道にてオオルリ初認。3カ所で囀りを聴く。1週間前には聴いていないからここ数日のうちに林道に入ったことになる。田起こしを始めたばかりの近くの棚田に寄ってみると、すでにシオヤトンボを数頭見ることができた。畑のまわりのセイヨウカラシナの辺りを白い蝶が2羽まとわりつくようにまわっている。ツマキチョウだ。モンシロチョウのように花に止まることがない。林道はキブシのかんざしが美しい。ウツギの花も咲き始めた。来週はセンダイムシクイ、キビタキの囀りが聴けるだろうか。いよいよ春本番。
c0042548_22311661.jpg
ウツギの花。卯の花とも言う。童謡「夏は来ぬ」では「卯の花におう垣根にホトトギス早も来鳴きて」だが、実際はもう少し早く「オオルリ早も来鳴きて」だ。
c0042548_22301748.jpg
田起こしの始まった田んぼの畦に止まる、まだ未成熟のシオヤトンボ。
c0042548_22305743.jpg
キブシのかんざし。キブシは種類が多く、林道のキブシがどれだか私にはわからない。
by komachi-memo2 | 2014-04-13 22:36 | 探鳥 | Comments(0)