komachi memo2

komachi203.exblog.jp

メジロとウグイスの巣

c0042548_17485769.jpg
散歩していると、広葉樹の葉がみんな落ちて、今夏、樹上で使われていたカラスやキジバト、メジロ、それにタイワンリスなどの巣がよく目立つ。先週、拾ったのは、メジロとウグイスの巣。このふたつはずいぶんと様相が違う。メジロの巣はとても精巧にできている。外径は大人のコブシ大ほどで、お椀形をしている。材料はシュロ、杉皮、コケなどが使われ、クモの糸でしっかりまわりを固定され、簡単にはつぶれない。一方、ウグイスの巣はメジロの巣よりふた周りほど大きいが、笹の葉をただ丸めたようなかたちで、入り口が横にある。こちらは雑なつくりで、すぐ崩れてしまう。風雨にもろにさらされる枝状につくられた巣と、地上近くの笹の茂みのなかの巣。環境の違いが、そこに生きる鳥たちの巣の形体の違いにも反映している。
c0042548_1749327.jpg

by komachi-memo2 | 2012-12-23 17:52 | 探鳥 | Comments(0)