komachi memo2

komachi203.exblog.jp

2週間ぶりの大山林道

c0042548_21592269.jpg

↑ヤクシソウ。オニタビラコやヤブタビラコの仲間は花では区別がつかない。11月に花が咲いていること、葉のかたち、葉が茎を抱いていることからヤクシソウと判断。

風がなく、晴天の休日、2週間ぶりに大山林道を歩いた。林道から脇道に入ると、エノキの大木の樹幹で、キジバトの群が実を啄んでいる。近くの中低木を覆うツル草の辺りをアカハラの群10羽ほどが盛んに動きながら何かを採餌している。今期、まだ地上でアカハラを見ていない。訪れたばかりなのだろう。キジバトが一斉に飛び出す。その瞬間、オオタカが頭上を通る。林道にクロジが2羽現れるが、前にも後にもハイカーが多く、もっと早い時間に来なければ撮影チャンスがない。林道の花はハダカホウズキ、シロヨメナ、ヤクシソウなど。日向でテングチョウを多く見る。

テングチョウ
↑テングチョウ♀。林道で春最初に見るチョウだが、この時期も林道の陽の当たる場所で見かける。

ハダカホオズキ
↑ハダカホウズキ
Commented at 2012-11-12 00:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by komachi-memo2 | 2012-11-04 22:09 | 探鳥 | Comments(1)