komachi memo2

komachi203.exblog.jp

可喜庵年間企画講演テーマ「住まいの内と外」

c0042548_9143928.jpg先日、エントリーした「鈴木工務店の小冊子「可喜」創刊」で少し紹介したが、鈴木工務店主催の企画をお手伝いさせていただいている。今年のテーマは「住まいの内と外」。2ヶ月おきに次の4つの展示会と講演が行われる。
■企画趣旨 
小さな子どもと猫が縁側で遊ぶ懐かしい一枚の写真が残っています。かつて日本人の暮らしは今ほど家の外と内がはっきりと区別されていませんでした。農家では前栽や裏庭が設けられ、町屋には中庭があり、それらは土間や縁側で室内と緩くつながり、そうした空間構成が四季の生活の設えや近隣との関係に潤いをもたらしていました。近年、都市に住宅が密集し、住宅の断熱気密性能は向上しましたが、かつての住まいがもっていた「内と外の豊かな関係」は、残念ながら日本人の住まいから衰えていく一方だと言わざると得ません。それは住まいを貧しくしているとともに、家の外も同時に貧しくしているとも言えるのではないでしょうか。可喜庵では今年の企画テーマとして「住まいの内と外」と取り上げ、かつての日本人の住まいがもっていた豊かな内と外の関係を演出した仕掛けと季節の暮らしをもう一度見直してみたいと思います。そして、そうした工夫を現代の住まいにどのように活かしていったらいいかを考えます。

・和風の住まい術に学ぶ「内と外」 山口昌伴 6月17日〜29日
・世界の住居集落の「内と外」 畑聰一 8月26日〜9月7日
・パッシブデザインは「住まいの内と外」をどう変えてきたか 
  小玉祐一郎 10月21日〜11月2日
・住まいの居心地を決める開口部 永田昌民 2011年1月27日〜2月8日
 
by komachi-memo2 | 2010-04-23 09:35 | EVENT | Comments(0)