komachi memo2

komachi203.exblog.jp

奥日光・渡良瀬遊水池遠出探鳥会

c0042548_919280.jpg
 28、29日、日本野鳥の会神奈川支部のツアーに参加して、奥日光と渡良瀬遊水池の冬鳥を見に行った。28日に奥日光湯元の「森のホテル」に宿泊し、29日午後に渡良瀬遊水池に寄った。奥日光の冬鳥を見に行ったのは、今回が初めて。湯滝ではカワガラスやミソサザイ、赤沼の戦場ケ原自然研究路ではカラマツの球果やズミの実を食べるアトリ、マヒワ、コガラ、ヒガラ、ゴジュウカラなどを見る。期待したキバシリやアオシギは発見できなかったが、オオアカゲラとアカゲラを同じ木で同時に見ることができた。こんなことはもう二度とないかもしれない。オオアカゲラはアカゲラよりも大型で、アカゲラにある肩羽のハの字の白斑がない。また胸部に黒縦斑があり、腹部と下尾筒の赤がアカゲラよりも淡い(写真はオオアカゲラ♀)。
 渡良瀬遊水池では黄昏時になって、期待したハイイロチュウヒ♂が一度だけ我々の視界に入ってくれた。♀は2度見られた。針葉樹の梢に止まるコチョウゲンボウはかなり遠方で、プロミナーで確認するのもやっとであった。コミミズクは現れなかった。またミヤマガラスの群は見られたが、その群の中にコクマルガラスは確認できなかった。二日間で確認できた野鳥の種数は63種とまずまずだった。
by komachi-memo2 | 2009-12-02 09:22 | 探鳥 | Comments(0)