komachi memo2

komachi203.exblog.jp

動かないアカシジミ

c0042548_10114341.jpg
昨日は5月の定例二子山探鳥会。今にも降りそうな天気、途中から本格的な雨になることを覚悟。この日参加したのは10名足らず。通常なら5月の探鳥会は夏鳥の到来で多くの参加者になるが、昨日はフィールドに出ることを諦めた人が多かった。しかし、歩きはじめてすぐに大きなプレゼントが待っていた。羽化したばかりと思われるゼフィルスの一種アカシジミが足元の草にとまっている。すぐにすり切れてしまう尾状突起先端の白い部分も完璧な個体だ。気温が低いから近づいても飛ぶ気配がない。こんな日だったからこそ巡り会えた。昨年、チョウに詳しいKさんに案内されて夕方、クヌギやコナラの樹冠の上を飛ぶアカシジミを見たが、それは数十メートル離れた地点からプロミナーを通してである。こんな機会はめったにないとKさんも興奮気味。フィールドには悪天候でも出るべし、である。
by komachi-memo2 | 2009-05-18 10:15 | 探鳥 | Comments(0)