komachi memo2

komachi203.exblog.jp

益子のベーハ小屋

c0042548_17204652.jpg
↑二つ並んだベーハ小屋。間の下屋が焚口だったのだろう。右側の小屋には煙出しがない。
百の知恵双書第20巻がようやく刊行し、著者の齊藤祐子と写真家の北田英治と3人で益子に遊びに行く。ひとつの目的は北田の友人である今成さんの陶芸展を見ることであったが、もうひとつは益子に残るベーハ小屋を見て回ることだった。益子は西日本の讃岐と並んで、東日本でベーハ小屋が最も残存する場所である。ベーハとは米葉、つまり紙巻きタバコのこと。ベーハ小屋はタバコの葉を保温乾燥させるための小屋である。住宅のほぼ2層分の縦長のプロポーション、切妻の屋根に煙出しを設けた特徴あるこの小屋が、国の指導で昭和八年頃から日本本土だけでなく、日本の植民地であった台湾に至るまで東アジアに蔓延するように建つようになる。目がベーハ・モードになると、車の中からベーハ小屋が集落のあちらこちらに存在していることが見えてくる。当時からタバコを栽培しているという農家で話を聞くことができた。今では栽培農家は減り、集荷する専売公社の組合もなくなり、福島まで持っていくという。もちろん、現在はベーハ小屋での乾燥は行われず、その隣にコンパクトな乾燥機が置かれ、ベーハ小屋は物置きとして使われていたが、その朽ちかけた姿はとても美しいものである。益子では土壁、漆喰壁、土壁の上に下見板を貼っているものがあり、下部を大谷石にしているものもある。また住居部分と一体化してリニューアルしているものもある。今回はリニューアルしている家の内部を見ることができなかったが、見てみたい。車で見て回ったのは益子の4分の1ほどの範囲、3、4日かけてベーハ小屋だけを探せば、かなりの数が見られると思われる。
c0042548_17212447.jpg

↑住居部分と一体化してリニューアルされても、かつてベーハ小屋だったことはわかる。

c0042548_1722140.jpg

↑今もタバコを栽培している農家の昭和8年頃建てられたというベーハ小屋。朽ちていく姿が美しい。

Commented by AKi at 2009-03-27 10:01 x
益子のベーハ小屋は北田さんのお話を聞いているだけで、初めて見る写真です。
讃岐の小屋は菅さんによって、ずいぶんと明らかになりましたが、まだまだ、島根、岡山辺りにも残っているようですね。
Commented by th0031 at 2009-03-27 12:47
お邪魔いたします。讃岐の菅です。
益子のベーハ小屋は北田さんから噂をお聞きしてます。「ベーハ小屋」という呼び名はそもそも益子が発祥ではないでしょうか?一度讃岐から視察隊を組んでお邪魔したいものです・・・。
> 目がベーハ・モードになると、車の中からベーハ小屋が集落のあちらこちらに存在していることが見えてくる。
いやー、そうなんです。ベーハモードです。運転お気を付け下さい・・・
Commented by komachi at 2009-03-27 16:49 x
AKI兄さん、ご無沙汰しております。ベーハ小屋を見るのは、今回が初めてでした。同じ形ではあるけれど、どれも個性豊かなのが魅力ですね。益子はかなり残っていますぞ。半日ほど車で見て回りましたが、2,30は見ましたよ。
Commented by komachi at 2009-03-27 17:03 x
菅さん、どうも。びお新聞見ましたよ。ベーハ小屋が残っているところというのは、当時の景観も当然、なくならずに残っているんですね。益子のベーハ探検やりますか。益子は他に大谷石の倉や貫構造の板倉もあります。面白いですよ。
by komachi-memo2 | 2009-03-26 17:29 | まちの拾い物 | Comments(4)