komachi memo2

komachi203.exblog.jp

コグンカンドリのパパラッチ

c0042548_113239100.jpg
c0042548_9104328.jpg
 
c0042548_91149.jpg
漁港に陸上げされた魚船の後ろに身を隠し、ずりずりと近づく。目前15メートルほどのところにコグンカンドリが止まっている。興奮を抑えて、何度もシャッターを切った。昨日のことだ。
 昨朝、天気は悪いし鳥見に行く予定もなく、いつもより遅くまで寝ていると、枕元のiPhoneが鳴った。「長井付近でコグンカンドリが出ているので、見に行きませんか」。いつも鳥見に誘ってくれるSさんからだった。長井は我が家から車で30分ほどのところ。三浦半島の西海岸の中央あたりの漁港だ。それから2時間半後、顔見知りの5人のバーダー仲間をピックアップした車はまず長井の手前、斉田浜に駐車した。プロミナーと双眼鏡で海上を一斉に捜索するが、コグンカンドリの姿は見えない。Sさんが長井で観察している友人に連絡を入れると、長井の方角からは佐島マリーナ方向上空に見えているという。佐島マリーナは眼と鼻の距離だが、ここからは発見できない。それではと佐島マリーナのある天神島に移動し、捜索を再開。プロミナーを覗くと、すぐに「あ!見つけた!」。沖に停泊する数隻の釣船の上空をコグンカンドリが帆翔している。時々、釣船に向かって急降下しているのは、釣船に群がるオオミズナギドリやウミネコの獲物を上空でねらっているのだろう。1時間ほど集中してプロミナーを覗いていたが、我々の方向に近づいてくるように見えながら、視界のなかのコグンカンドリの大きさは一向に変化しない。眼を酷使して、視界がだんだん滲んできた。地上からこれだけはっきりコグンカンドリを見たのだから撮影できなくても今日は十二分にラッキー。そろそろ場所を変えよう。
 轡堰、長浜海岸に寄るが、これといって他の鳥の成果はない。長浜でNさんが合流。Nさんは武山でのタカの渡り調査の帰りだった。最後に長井に寄って帰ろうと、今にも雨の降りそう空の下、長井の岸壁で沖を双眼鏡でトレースするが見つからない。諦めかけたとき、背中側から「いた!」の声。なんと海側ではなく、県営住宅側の上空にトビに混じってコグンカンドリ。今度は近い! カメラを持って、コグンカンドリの真下方向に急いで移動。空が青くないなんて文句を言ったら罰が当たる。その後、コグンカンドリは遠のいた。ところがである。岸壁で別れたNさんからコグンカンドリが止まっている!の連絡。急いで駆けつけると、コグンカンドリは漁港のポールの上で悠然と羽繕いをして体を休めていた。コグンカンドリのパパラッチたちにサプライズのご褒美! 長いこと鳥見をしていると、こんなこともあるのだ。
# by komachi-memo2 | 2016-09-20 09:23 | 探鳥 | Trackback | Comments(0)

Bay AreaのShorebirdたち

帰省中の元と一緒に、昨日はBirder仲間と湾岸を3カ所、シギチを見て回った。午前中はどんよりとした曇り空で、これ幸いと最初の目的地に着いたが、肝心の鳥が驚くほど少ない。ミユビシギ、キアシシギ、メダイチドリ、ダイゼン、はるか遠くにミヤコドリ…、エエー!これだけ。早々に次の観察地へ移動。ちょうど干潮のピーク、しばらく待つと観たかったお目当ての一つだったキリアイが現れた。観たのは3年ぶりかな。昼近くなると日差しがギラギラと強くなり、鳥の出も今一で、最後の観察地では皆さんぐったり気味。まあこういう日もあるよね。お疲れさま。移動途中に寄ったコンビニの梨味のガリガリ君が旨かった。今度からこれにしようっと。
c0042548_1815634.jpg
c0042548_1832195.jpg
c0042548_1825668.jpg
c0042548_1822982.jpg

上からキリアイ、トウネン、キアシシギ、ミユビシギ
# by komachi-memo2 | 2016-08-15 18:12 | 探鳥 | Trackback | Comments(0)

盛夏のメダイチドリ&オオメダイチドリ

日が傾くと、海水浴客はめっきり減ったが、波打ち際は近所の犬たちの散歩コースらしく、シャッターチャンスを犬どもがたびたび奪ってしまう。散歩人が前を通り過ぎ、犬から逃げた鳥の一群が私のいる方に飛んできて、近くに降りた。メダイチドリだった。カムチャツカ半島やアリューシャン列島の繁殖地からはるか越冬地に渡る途中、湘南の地にしばし立ち寄ってくれたのだ。ミユビシギと同様、赤褐色が薄れて、冬羽に移行中。今年生まれの若鳥も混じっている。波をかぶってずぶ濡れの一羽が夕暮れの海風に羽根を震わせていた。大波を背景に撮ったメダイチドリはどの子も少し不安そうに見える。大丈夫だよ。旅立つ前にゆっくりお休み。

[追記] 一番上の写真を見た複数のbider仲間からオオメダイチドリの幼鳥ではないかと指摘を受けた。確かに脚の長さ、関節の位置が高いこと、ほっそりした体型、全体の部位のバランスなどメダイチドリと違和感を感じる。そのためタイトルを「盛夏のメダイチドリ&オオメダイチドリ」に変更した。チャンスがあればこの個体とメダイチドリのツーショットを撮影して、エントリーしたい。
c0042548_9204745.jpg
c0042548_9215687.jpg
c0042548_9213582.jpg
c0042548_9211323.jpg
c0042548_9264086.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-08-10 09:24 | 探鳥 | Trackback | Comments(0)

盛夏のミユビシギ

「海岸に寄ってみようか」。先週末、ミユビシギが既に訪れていると知らされて、夕方の海岸にバーダー仲間と行った。昼間、田んぼの中の休耕田を回り、タマシギやクサシギを見ての帰りだった。タマシギ♂は営巣中で顔をわずかに覗かせてくれた。クサシギは炎天下の逆光という条件下、大気の揺らぎがひどく、ピンぼけ写真を量産した。海岸に到着したのは5時過ぎ、まだ海水浴客がごった返していた。台風の接近で高い波が押し寄せていた。しばらく歩くと、双眼鏡でかなり遠くを飛ぶ20羽ほどのシギチの群を見つけた。波打ち際を列をなして走るミユビシギに久しぶりに会えた。頭部や胸の赤褐色が薄まり、夏羽から冬羽に変わりつつあった。
c0042548_1143419.jpg

c0042548_11423270.jpg
c0042548_1142537.jpg
c0042548_11431864.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-08-09 11:50 | 探鳥 | Trackback | Comments(0)

イベント「みやしろのトコロジストになろうⅢ」のご案内

ちょっと気が早いけれど10月のご案内。
今年も埼玉県宮代町で甲馬サロン実行委員会主催による自然観察会が開催されます。
甲馬サロンは宮代町の初代町長斉藤甲馬さんの本を地元の手島亙さんや象設計集団の富田玲子さんたちと創ったことが縁で始まった催し。
自然観察の会も今年で3回目。宮代町に生き物好きの輪が少しずつ広がっています。私も実行委員の一人として参加します。
誰でも参加できます。締めの手打ちそばが絶品です。ぜひ。

c0042548_11104448.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-08-04 11:23 | EVENT | Trackback | Comments(0)

「クリマデザイン」出版記念シンポジウム開催

編集企画に協力させていただいたクリマデザイン研究会編著『クリマデザイン』の発刊を記念して、執筆者をまじえて21世紀の環境制御のあり方を探るシンポジウムが開催されます。どなたでも参加できます。興味のある方はぜひ参加申し込みを。

●日時 9月12日 16:00〜18:30
●会場 建築会館ホール
●参加費 一般1000円、学生500円
●参加には事前申し込みが必要です。
件名に「シンポジウム申し込み」と書き、氏名、所属、住所、電話番号、メールアドレスを記載の上、下記HPかmail、faxにてお申し込みください。
http://www.clima-d.com
info@clima-d.com
fax 045-663-7458(クリマデザイン研究会事務局)
c0042548_11545421.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-08-02 12:04 | EVENT | Trackback | Comments(0)

ようやく発刊「《そよ風》が好き。」

c0042548_12104023.jpg
環境創機の書籍「《そよ風》が好き。」がようやく完成した。今日から書店やアマゾンから購入できる。
環境創機の友社長から相談を受けたのは3年前の秋口。読者は誰なのか。何を伝えたいのか。どのように伝えたいのか。そもそも環境創機ってどんな特徴のある会社なのか。知っているつもりのことも改めて考え直す。すぐには動き出さない。動き出せない。企画の発酵が始まるのを待って一気に構成とイメージが固まる。いつもこんな感じ。
プロジェクトはいつもの信頼のメンバー。写真は北田英治、デザインは春井裕、ライターは長町美和子と平山友子。今回は多くの住まい手と作り手の皆さんのお世話になった。
皆さん、長らくお待たせしましたあ。

●「《そよ風》が好き。」 新建新聞社発売、定価1500円+税、B5変型判160頁
# by komachi-memo2 | 2016-08-01 12:20 | ヒルトップの日々 | Trackback | Comments(0)

小さなヨシ原のヨシゴイ

田園地帯の中に残された小さなヨシ原。ヨシゴイが少しだけ顔を出してくれました。
c0042548_1034324.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-07-26 10:36 | 探鳥 | Trackback | Comments(0)

アオバズクの親子

辺りが暗くなった6時半過ぎ、アオバズクの夜の行動を観察しようと、バーダー仲間と住宅街の小さな神社に行った。日中は大勢のカメラマンが押しかけていたであろうタブの大木の周りに人影はもうない。暗がりの枝を丹念に見ていくと、今年生まれたヒナは3羽。境内を掃除していた女性の話では毎年5月中旬に親鳥が訪れ、営巣し、8月中旬には去って行くという。巣立ちヒナが親に甘えられるのももうあと少し。親鳥が枝から飛び立ち、すぐに蝉を捕まえて戻ってくる。脚で捕まえた餌をいったん口に運び、タブの枝に止まるヒナに与える。7時半を過ぎて、アオバズクの姿がシルエットでしか見えなくなった頃、タブの大木を離れたヒナは神社近くの民家の地デジアンテナに親鳥と止まっていた。親鳥が飛んで、またアンテナに戻り、餌を与えている。地デジアンテナの上に団子状態で4羽のアオバズクの影。1羽が神社の方角に飛ぶと3羽が後を追う。「今夜の練習はここまでよ」と親鳥が言っているようだった。上が成鳥、下がヒナ。300mmf2.8+TC17EⅡ+D500。ISO3200、SS1/50で撮影。樹の下は肉眼ではほとんど色がわからない暗さ。D500は優秀です。
c0042548_10584449.jpg
c0042548_10593356.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-07-25 11:26 | 探鳥 | Trackback | Comments(0)

戦場ヶ原のビンズイ、ノビタキ

先ほどからビンズイが囀っている。戦場ヶ原の遠くの枯れ枝に小鳥が止まっている。たぶんあれだろうと、8倍の双眼鏡で覗いてみるが、黒いシルエットでよくわからない。傍らでデジスコで撮影している若い人に確かめると、ビンズイだと言う。「デジスコなら撮れるんじゃないの」「いやー、この距離じゃ解像しませんよ」私もダメ元でレリーズして驚いた。ビンズイってわかるじゃない。D500、恐るべし。
c0042548_18463016.jpg
c0042548_1847479.jpg

# by komachi-memo2 | 2016-07-08 18:54 | 探鳥 | Trackback | Comments(0)